kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 14.04でもライブパッチサービスが利用可能に

「Ubuntu 14.04」でも「Canonical」が提供するライブパッチサービスが利用可能になりました。



ライブパッチサービスとは

ライブパッチとは、再起動することなく現在動作している「Linux Kernel」にパッチを適用する仕組みです。

脆弱性に対応したパッチを「Linux Kernel」に適用することで、再起動しなくてもその脆弱性に対処することができます。

ライブパッチサービスとは、「Linux Kernel」のパッチを提供するサービスのことです。
現在「Canonical」は、「Ubuntu」ユーザー向けにライブパッチサービスを展開しています。

詳細は、以下を参考にしてください。


Ubuntu 14.04でも利用可能に

今までライブパッチサービスを受けられる「Ubuntu」のバージョンは、「Ubuntu 16.04」だけでした。

しかし今後ライブパッチサービスは、「Ubuntu 14.04」向けにも提供されることになります。

ただしこのサービスが受けられる「Ubuntu 14.04」のアーキテクチャーは、64bit版(x86_64)の「Ubuntu 14.04」となります。
また対象となる「Linux Kernel」のバージョンは、「Linux Kernel 4.4」のみとなります。

この点は、「Ubuntu 16.04」も同様ですね。

Ubuntu 14.04 + Linux Kernel 4.4

LTS版の「Ubuntu」では、それ以降にリリースされたXサーバー等が含まれるXスタックや、「Linux Kernel」をインストールすることができます。

この仕組みや取り組みを、「LTS Enablement Stacks」と言います。
基本的な説明は、以下を参照してください。


さて「Linux Kernel 4.4」は、「Ubuntu 16.04」で採用された「Linux Kernel」です。

「Ubuntu 14.04.5」を新規にインストールした環境や、手動で「Ubuntu 16.04」の「Linux Kernel」をインストールした環境では、「Ubuntu 14.04」の「Linux Kernel」のバージョンが「Linux Kernel 4.4」になります。



この「Linux Kernel 4.4」でライブパッチサービスを利用することができます。

ライブパッチサービスを利用するには

「Ubuntu 14.04」でライブパッチサービスを利用する方法です。

1.snapdのインストール

以下を参考にして、「snapd」をインストールします。


「snapd」をインストールしたら、PCを再起動してください。

2.ライブパッチサービスの有効化

以下を参考にして、ライブパッチサービスを有効にします。


上記は無料でライブパッチサービスを利用する例ですが、有料でも同様の手順でサービスを利用できます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション