kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

netstatからssへ移行しよう

「netstat」は「net-tools」パッケージで提供されるコマンドです。
「ss」コマンドは「iproute2」パッケージで提供されるコマンドです。


 「Ubuntu Desktop」では、「net-tools」パッケージがデフォルトでインストールされなくなり、代わりに「iproute2」パッケージがインストールされています。

将来「Ubuntu」の他のエディションでも同様に、「net-tools」パッケージがデフォルトでインストールされなくなる日が来るかもしれません。


 これからは「iproute2」パッケージで提供されるコマンド群の利用が推奨されます。
「ss」コマンドは、ソケットの情報(socket statistics)を表示するコマンドです。
「TCP」や「UDP」の情報を表示するのによく利用されます。
もちろんUNIXソケットも対象です。


ここでは「ss」コマンドで利用できるオプションの内、よく利用されるオプションを紹介します。

ソケットに関するオプション

ソケットに関するオプションです。

非LISTEN状態のソケットの情報を表示する

非LISTEN状態(外部から接続を待ち受けていない)のソケットの情報を表示するには、以下のコマンドを実行します。

ss

LISTEN状態のソケットの情報を表示する

LISTEN状態のソケットの情報を表示するには、以下のオプションを組み合わせてコマンドを実行します。

ショートオプション ロングオプション
-l --listening

LISTEN状態と非LISTEN状態のソケットの情報を表示する

LISTEN状態と非LISTEN状態のソケットの情報を表示するには、以下のオプションを組み合わせてコマンドを実行します。

ショートオプション ロングオプション
-a --all

ソケットの種類を指定する

ソケットの種類を指定してソケットの情報を表示するには、以下のオプションを組み合わせてコマンドを実行します。

ソケットの種類 ショートオプション ロングオプション
PACKET -0 --packet
TCP -t --tcp
UDP -u --udp
DCCP -d --dccp
RAW -w --raw
UNIXドメイン -x --unix

IPアドレスに関するオプション

IPアドレスに関するオプションです。

IPアドレスの種類を指定する

IPアドレスの種類を指定してソケットの情報を表示するには、以下のオプションを組み合わせてコマンドを実行します。

IPアドレスの種類 ショートオプション ロングオプション
IPv4 -4 --ipv4
IPv6 -6 --ipv6

ホスト名の表示

IPアドレスの代わりにホスト名を表示するには、以下のオプションを組み合わせてコマンドを実行します。

ショートオプション ロングオプション
-r --resolve

出力する情報に関するオプション

出力する情報に関するオプションです。

出力する情報 ショートオプション ロングオプション
ソケットのタイマー情報 -o --options
ソケットの詳細情報 -e --extended
ソケットのメモリーの利用状況 -m --memory
ソケットを使用しているプロセスの情報 -p --processes
TCPソケットの内部情報 -i --info

情報のフィルタリング

「ss」コマンドには、特定の条件に合うソケット情報のみ出力するフィルタリング機能があります。

例えば送信元ポートのポート番号が22(ssh)であるソケット情報のみ表示するには、以下のコマンドを実行します。

ss state all sport = :ssh

加えて接続済みのsshソケット情報のみ表示するには、以下のコマンドを実行します。

ss state connected sport = :ssh

接続先のホストをサブネットマスク「74.125.0.0/16」で指定するには、以下のコマンドを実行します。

ss state all dst 74.125.0.0/16

フィルターの記述方法の詳細は、「iproute2-doc」パッケージをインストールし、「/usr/share/doc/iproute2-doc/ss.html」ファイルを参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション