kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Windows上でcurlとtarコマンドが利用可能に

「Build 17063」では、Windows上で「curl」と「tar」コマンドが利用できるようになりました。


 
いずれも「Linux」ではお馴染みのコマンドですね。
今回「Build 17063」で提供されたこれらのコマンドはWindowsのツールであり、Windows向けに実装されたソフトウェアです。

すべてのエディションで利用可能

これらのコマンドは、すべてのWindowsのエディション(Windows 10 SKU)で利用可能なコマンドです。

tarコマンド

tar」コマンドは、ファイルのアーカイブを作成したり、作成したアーカイブを展開するコマンドです。


「PowerShell」の以外の環境やサードパーティーのソフトウェアのインストールを行う場面では、「cmd.exe」からアーカイブファイルを展開する方法がありませんでした。
「tar」コマンドにより、「cmd.exe」からアーカイブファイルを展開できるようになりました。

libarchiveを利用した実装

Windows版「tar」コマンドは、「libarchive」を利用して実装されています。

curlコマンド

curl」コマンドは、サーバーからファイルをダウンロードしたり、サーバーへファイルをアップロードするコマンドです。


インターネットからファイルをダウンロードする時によく利用されます。

より快適なcmd環境を

「PowerShell」ではすでに同様の機能を提供していますが、これらのコマンドを活用することで「cmd.exe」環境でも同様の機能を利用できるようになります。
「cmd.exe」でファイルの転送を行うだけでなく、「.zip」や「.tar.gz」のようなアーカイブの展開も可能になります。

「PowerShell」を利用できない環境や「cmd.exe」を利用したいユーザーに向けた改善です。

おまけ

「Ubuntu 16.04」の「tar」と「curl」コマンドのヘルプを紹介します。
Windows版のコマンドがサポートしているオプションと見比べてみると良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション