kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

デフォルトのユーザーを変更するには

ディストリビューションのデフォルトのユーザーを変更する方法です。
ここでは例として「Ubuntu」のデフォルトのユーザーを変更します。
デフォルトのユーザーは、以下のコマンドで変更します。

ubuntu config --default-user  ユーザー名

ユーザー名は、「Ubuntu」側で作成したユーザーのアカウント名を指定します。


これでデフォルトのユーザーが変更されます。


注意

「Fall Creators Update」以降の「Windows」で利用できる方法です。

ディストリビューションをクリーンな状態に戻すには

ディストリビューションをクリーンな状態に戻す方法です。
ここでは例として「Ubuntu」をクリーンな状態に戻します。

1.ディストリビューションの削除

以下のコマンドを実行します。

ubuntu clean

以下の確認画面が表示されるので、「y」を入力して「エンター」キーを押します。


以下のように「Ubuntu」が削除されます。


2.再インストール

以下のようにアプリ(ubuntu.exe)を起動すれば、ディストリビューションのインストールが行われます。


ディストリビューションが使用するファイルシステムの削除と再作成、と言ったところでしょうか。
ファイルシステムのアーカイブ(展開元)は、ディストリビューションを初めてインストールした時のものが再利用されます。

注意

この方法は、「Fall Creators Update」以降の「Windows」で利用できる方法です。
ユーザーのホームフォルダー内のファイルがすべて削除されるので、事前に重要なファイルをバックアップしておきましょう。

この方法は完全なディストリビューションのアンインストールではないため、アプリ本体(ubuntu.exe)は削除されません。
アプリを含めた完全なアンインストール方法もしくは再インストール方法は、以下を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション