kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Fcitx + Mozcをインストールするには

「Unity 7」ではデフォルトの日本語入力に「Fcitx」及び「Mozc」が採用されていました。


一方「Ubuntu 17.10」以降デスクトップ環境が「GNOME」に移行して以来、「Ubuntu」のデフォルトの日本語入力は「ibus」及び「Mozc」に変更されました。

従来の日本語入力環境に馴染みあるユーザーも多いかと思います。
「Unity 7」を利用するユーザー向けに「Fcitx」及び「Mozc」をインストールする方法を紹介します。

1.fcitx-mozcのインストール

まず「fcitx-mozc」をインストールします。

1-1.端末の起動

デスクトップ画面左上の「Ubuntuアイコン」をクリックし、以下のように「端末」を検索します。
「端末」が見つかるので、「端末」をクリックし「端末」を起動します。


1-2.コマンドの実行

「端末」に以下のコマンドを入力し、「エンター」キーを押します。

sudo apt install fcitx-mozc


コマンドを端末に貼り付けるには

コピーしたコマンドを「端末」に貼り付けるには、「端末」上で「Shift + Ctrl + V」キーを押します。

パスワードの入力が促されたら

以下のようにパスワードの入力が促されるので、自分のパスワードを入力して「エンター」キーを押します。

[sudo] ユーザー名のパスワード:

パスワードを入力しても何も表示されませんが、入力自体は行われています。

1-3.fcitx-mozcのインストール確認

以下のように「fcitx-mozc」のインストール確認が行われるので、何も入力せず「エンター」キーを押します。


1-4.fcitx-mozcのインストール

以下のように「fcitx-mozc」のインストールが行われます。


2.インプットメソッドフレームワークの設定

インプットメソッドフレームワークの設定を行います。

2-1.言語サポートの起動

デスクトップ画面左上の「Ubuntuアイコン」をクリックし、以下のように「言語サポート」を検索します。
「言語サポート」が見つかるので、「言語サポート」をクリックし「言語サポート」を起動します。


2-2.キーボード入力に使うIMシステム

「キーボード入力に使うIMシステム」を「fcitx」に変更します。


以上で設定は完了です。
ここでPCを再起動します。

3.Fcitxの設定

インプットメソッドの設定を行います。

3-1.設定画面の表示

Fcitxインジケーターをクリックし、表示されるメニューから「設定」をクリックします。


3-2.入力メソッドの設定

以下のように、キーボードレイアウトとMozcが並んで登録されているか確認します。


必ずキーボードレイアウト>Mozcの順番に入力メソッドを並べてください。
もし入力メソッドが不足しているなら、「+」ボタンから入力メソッドを追加してください。

3-3.日本語入力のテスト

テキストエディターを起動し、「半角/全角」キーを押して日本語入力ができるか確認します。


ログインし直した時にFcitxが起動しない問題

ユーザーが一旦ログアウトして再度ログインした時に「Fcitx」が起動せず、日本語入力が行なえません。

このような場合は、デスクトップ画面左上の「Ubuntuアイコン」をクリックし、以下のように「Fcitx」を検索します。
「Fcitx」が見つかるので、「Fcitx」をクリックします。


これで「Fcitx」が起動し、日本語入力が可能になります。
頻繁にログインし直すことは稀でしょうから、とりあえずこの対応で十分かと思います。
ちなみにPCを再起動した時は、この問題は発生しません。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション