kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UNetbootinでUbuntuのライブUSBメモリーを作成するには

「UNetbootin」でライブUSBメモリーを作成する方法です。


「UNetbootin」はクロスプラットフォームのアプリであり、「Ubuntu」上で「Ubuntu」のライブUSBメモリーを作成することができます。
また「UNetbootin」は、既存のパーティションを再利用できます。

ライブUSBメモリーの基本的な内容は、以下を参照してください。


1.事前準備

USBメモリーの用意やディスクイメージのダウンロードなど、ライブUSBメモリーの作成に必要な準備を行います。

1-1.USBメモリーの準備

事前に2GB以上のUSBメモリーを1つ用意しておきます。

1-2.ディスクイメージのダウンロード

「Ubuntu」のディスクイメージをダウンロードしておきます。


ディスクイメージをダウンロードは、以下を参照してください。


フレーバーのライブUSBメモリーを作成する場合は、フレーバーのディスクイメージをダウンロードしてください。

2.UNetbootinのインストール

「UNetbootin」をインストールします。

2-1.端末の起動

デスクトップ画面左上の「アクティビティ」をクリックし、以下のように「端末」を検索します。
「端末」が見つかるので、「端末」をクリックし「端末」を起動します。


「Ubuntu 16.04」などデスクトップ環境が「Unity」の場合、Dashホームから「端末」を検索してください。

2-2.PPAの追加

「端末」から以下のコマンドを実行し、PPAを追加します。

sudo add-apt-repository ppa:gezakovacs/ppa


確認が促されたら「エンター」キーを押します。


コマンドを端末に貼り付けるには

コピーしたコマンドを「端末」に貼り付けるには、「端末」上で「Shift + Ctrl + V」キーを押します。

パスワードの入力が促されたら

以下のようにパスワードの入力が促されるので、自分のパスワードを入力して「エンター」キーを押します。

[sudo] ユーザー名のパスワード:

パスワードを入力しても何も表示されませんが、入力自体は行われています。

2-3.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt-get update


「Ubuntu 18.04」ではこの手順を飛ばしても良いです。

2-4.UNetbootinのインストール

以下のコマンドを実行し、「UNetbootin」をインストールします。

sudo apt-get install unetbootin


「続行しますか?」と聞かれるのでそのまま「エンター」キーを押します。


3.USBメモリーのフォーマット

ライブUSBメモリーに使用するUSBメモリーのフォーマットを行います。

3-1.ディスクの起動

デスクトップ画面左上の「アクティビティ」をクリックし、以下のように「ディスク」を検索します。
「ディスク」が見つかるので、「ディスク」をクリックし「ディスク」を起動します。


「Ubuntu 16.04」などデスクトップ環境が「Unity」の場合、Dashホームから「ディスク」を検索してください。

3-2.パーティションの作成(任意)

USBメモリーにパーティションがない場合、2GB以上のパーティションを作成しておきます。
ディスクを初期化する場合、パーティションテーブルの形式は「MBR(マスターブートレコード)」を選択してください。


3-3.パーティションのフォーマット

パーティションをフォーマットします。
「1.」からUSBメモリーを選択し、「2.」で「Ubuntu」を配置パーティションを選択します。
「3.」の歯車アイコンをクリックすると「4.」のメニューが表示されるので、「パーティションを初期化」をクリックします。


ファイルシステムは「FAT」を選択してください。


3-4.デバイスファイルの確認

ライブUSBメモリーに使用するUSBメモリー(パーティション)のデバイスファイルを確認しておきます。
このパーティションに「Ubuntu」を配置します。


「1.」からUSBメモリーを選択し、「2.」で「Ubuntu」を配置パーティションを選択します。
「3.」にパーティションのデバイスファイルが表示されます。

4.ライブUSBメモリーの作成

ライブUSBメモリーを作成します。

4-1.UNetbootinの起動

以下のコマンドを実行し、「UNetbootin」を起動します。

xhost si:localuser:root && sudo QT_X11_NO_MITSHM=1 unetbootin


4-2.オプションの設定

「UNetbootin」が起動したら、「ディスクイメージ」を選択します。
右側の「...」ボタンをクリックし、「1-2.」でダウンロードしたディスクイメージを選択します。


4-3.USBドライブの設定

「タイプ」で「USBドライブ」を選択し、「ドライブ」で「3-4.」で確認したデバイスファイルを選択します。


これで準備完了です。
「OK」ボタンをクリックし、ライブUSBメモリーを作成します。

4-4.ライブUSBメモリーの作成開始

以下のようにライブUSBメモリーの作成が開始されます。


環境によってはライブUSBメモリーの作成完了まで時間がかかります。
処理が止まっているように見えても、実際には動作しています。
エラー画面が表示されない限り問題ありません。

4-5.作成完了

問題なく作成が完了した場合、以下の画面が表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション