kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

メモ帳がLF及びCR改行コードに対応

メモ帳が「LF」及び「CR」改行コードに対応しました。



テキストファイルに含まれる改行コード(改行を示すコード)には、以下の3種類の改行コードがあります。

改行コード OS
CR+LF Windows
LF UNIX/Linux/macOS
CR Mac OS

歴史的な経緯から3種類もの改行コードがありますが、「Windows」では改行コードに「CR+LF」を採用してきたため、「LF」や「CR」を改行コードに使用しているテキストファイルは、メモ帳で正常に表示できませんでした。

しかしメモ帳が「LF」及び「CR」改行コードに対応したため、「Linux」のテキストファイルでも適切にメモ帳で表示、編集、印刷できるようになりました。
改行コードは自動的に判別されます。

新規にテキストファイルを作成した時の改行コード

新規にテキストファイルを作成した時の改行コードは、従来通りデフォルトで「CR+LF」になります。

既存のファイルの上書き保存や別名で保存

既存のファイルの上書き保存や別名で保存した場合は、既存の改行コードが採用されます。

現在の改行コードを調べるには

現在の改行コードはステータスバーに表示されます。


デフォルトではステータスバーが表示されていませんが、「表示」メニュー「ステータスバー」をクリックすれば、上記のようにステータスバーが表示されます。

Ubuntuで改行コードを調べるには

今回のメモ帳の改良により、「WSL/Linux」との相互運用性が向上しました。
「Ubuntu」で改行コードを調べるには、「file」コマンドを使用します。

LF

改行コードが「LF」なら、以下のように改行コードに関する情報が出力されません。


CR+LF

改行コードが「CR+LF」なら、「with CRLF line terminators」と出力されます。


改行コードの扱いを変更するには

今回の動作の変更が都合悪い場合は、レジストリーキーの設定を変更することにより、振る舞いを抑制することができます。


設定するキー及びその値は、以下のパス内にあります。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Notepad

メモ帳に貼り付けるテキストの改行コードの扱い

「fPasteOriginalEOL」キーでは、メモ帳に貼り付けるテキストの改行コードの扱いを制御します。

値:0

値に「0」を指定すると、メモ帳に貼り付けるテキストの改行コードは、現在のドキュメントの改行コードに変換されてからメモ帳に貼り付けられます。
デフォルト値は「0」です。

値:1

値に「1」を指定すると、メモ帳に貼り付けるテキストの改行コードは変換されずにそのままメモ帳に貼り付けられます。

Return/Enterキーを押した時に挿入する改行コードの制御

「fWindowsOnlyEOL」キーでは、「Return/Enter」キーを押した時に挿入する改行コードを制御します。

値:0

値に「0」を指定すると、「Return/Enter」キーを押した時に現在のドキュメントの改行コードを挿入します。

値:1

値に「1」を指定すると、「Return/Enter」キーを押した時に常に「CR+LF」の改行コードを挿入します。
改行コードに「LF」や「CR」を採用しているドキュメントでは正常に表示できなくなるため、注意してください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション