kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

VirtualBox 6.0.0がリリースされました

2018年12月18日、「VirtualBox 6.0.0」がリリースされました。


リリース情報

今回のリリースはメジャーバージョンアップであり、不具合の修正以外にも新機能の追加が積極的に行われています。


新機能や改良点をいくつかピックアップします。

  • 仮想マシンを「Oracle Cloud Infrastructure」へエクスポート可能に
  • HiDPIとスケーリングサポートの大幅な改善
  • UIのデザインをもっと簡潔になるように見直し
  • 新しいファイルマネージャーを採用し、ユーザーがゲストのファイルシステムの制御やホスト・ゲスト間でファイルのコピーが可能に
  • Windowsゲスト向けの3Dグラフィックサポートの主要なアップデート
  • Linux/Solarisゲスト向けVMSVGA 3Dグラフィックデバイスのエミュレーション
  • サラウンドスピーカーのセットアップをサポート
  • mac OSホストからゲストのディスクへアクセスする「vboximg-mount」の追加
  • WindowsホストでHyper-Vをフォールバックとして利用可能に
  • 仮想マシンの映像と音声を個別に記録可能に
  • Linux kernel 4.20のサポート改善
  • 共有フォルダーのパフォーマンス改善

Linuxホスト向けVirtualBox 6.0.0は64bit版のみの提供

Linuxホスト向け「VirtualBox 6.0.0」は、64bit版(amd64)のみの提供です。


VirtualBox 5.2.xからアップグレード

「VirtualBox」のリポジトリーを利用しているユーザーは、「VirtualBox 5.2.x」から仮想マシンを引き継ぎつつ「VirtualBox 6.0.0」へアップグレード可能です。
ただし「VirtualBox 6.0.0」へアップグレードすると、既存の「VirtualBox 5.2.x」本体は削除されます。

注意

「VirtualBox」をアップグレードする時は、必ず事前に「VirtualBox」が起動していないか確認してください。
「VirtualBox」が起動している状態でアップグレードを行うと、アップグレードに失敗します。

ソフトウェアの更新からアップグレードできない

「VirtualBox」のメジャーアップデートでは、ソフトウェアの更新からアップグレードすることはできません。
「VirtualBox 6.0.0」を明示的にインストールする必要があります。
「端末」を起動し以下のコマンドを実行すれば、「VirtualBox 6.0.0」をインストールできます。

sudo apt install virtualbox-6.0

後はいつものアップデート手順と同じです。


また忘れずにゲストOSに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。


次回以降、「ソフトウェアの更新」から「VirtualBox」をアップデートできるようになります。

VirtualBoxをインストールするには

「Ubuntu」に「VirtualBox 6.0.0」をインストールする方法は、以下を参照してください。


次回以降、「ソフトウェアの更新」から「VirtualBox」をアップデートできるようになります。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション