kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Studioにおける32bit版パッケージの必要性

「Ubuntu Studio」では、「Ubuntu Studio」における32bit版パッケージの必要性を以下で紹介しています。



先ほど紹介した一部32bit版パッケージの継続的な提供に関する声明の中で、「Ubuntu Studio」の名が登場しています。


本件はこれに対する説明です。

Windows向けオーディオプラグイン

「Ubuntu Studio」ではすでに32bit版のディスクイメージの提供をやめています。
しかし「Ubuntu Studio」にとって一部のオーディオプラグインを利用できるようにするため、32bit版ソフトウェアとの後方互換性は未だ重要です。

リポジトリーで提供している「Carla」が持つ最も大きな機能の一つは、「Wine」を利用してWindowsベースのVSTプラグインを利用可能にする機能です。

主なVSTプラグインの多くは、未だ32bitのソフトウェアとしてコンパイルされています。
「Ubuntu Studio」で32bitソフトウェアのサポートがなければ、これらのプラグインは利用できなくなります。
 特にWindows環境でこれらのプラグインを利用しているユーザーにとって、「Windows」から「Ubuntu Studio」への移行を困難にするものです。
そしてこれらの代替となるプラグインは、Linux環境向けに提供されていません。

もし「Ubuntu Studio」でこれらのプラグインが利用できなくなれば、多くのユーザーが「Ubuntu Studio」から離れることになるでしょう。

Linux向けオーディオプラグイン

「Carla」は32bit版のLinux向けオーディオプラグインも利用可能にしています。
しかしLinux向けオーディオプラグインでも、32bit版でのみ提供されているオーディオプラグインも同様に機能しなくなります。

捕捉

現在「Ubuntu Studio」の公式リポジトリーで提供しているオーディオプラグインは本件に影響を受けません。

最終的に64bit版への移行を

もしあなたが利用しているオーディオプラグインに32bit版のオーディオプラグインが含まれているなら、そのオーディオプラグインの開発者に連絡を取り、64bit版の提供を促して欲しいとのことです。
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション