kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu Desktopの新機能と魅力

先日紹介したように、最新のLTSリリースとなる「Ubuntu 20.04 LTS」がリリースされました。



Ubuntu Desktop

「Ubuntu」には特定の目的に最適化した複数のエディションがあります。
そのエディションの中でデスクトップ向けに最適化した「Ubuntu」が「Ubuntu Desktop」です。
おそらく多くのユーザーに最も馴染みのあるエディションではないでしょうか。

他にもサーバー用途向けの「Ubuntu Server」もあり、ユーザーは目的に応じて最適なエディションを選択することができます。

デスクトップに情熱を注いでいる

かつて「Ubuntu 17.10」で「Unity」から「GNOME」へ移行する際、デスクトップへの情熱は変わらず、これからも開発を続けていくとのアナウンスがありました。

「GNOME」へ移行してから約2年ほど経ちましたが、それは今でも変わっておらず、「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」ではさらなる改良が施され、アップストリームと連携し、パフォーマンスの向上や不具合の修正など、Ubuntu Desktopチームやコミュニティーによる積極的な取り組みが行われました。

重要なプロダクトの1つ

デスクトップのLinuxコミュニティーに広く目を向けた時に、”デスクトップはUbuntu/Canonicalにとって、もはや重要ではない”、との主張や議論を開発者は目にしました。
しかしこれは全くの見当違いであり、その主張を否定しています。

改めてその認識を示した事は、「Ubuntu Desktop」や「Xubuntu」といったデスクトップ向けの公式フレーバーを利用するユーザーにとって、大きな安心感につながるでしょう。

Ubuntu Desktopの新機能

「Ubuntu Desktop」の新機能の紹介です。
一部の内容は、前回紹介したリリースノートの内容と同じ内容になります。

新しくなったデザイン

「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」では、デザインを定義するテーマに「Yaruテーマ」を採用しています。
テーマの名称である「Yaru」は、日本語の「やる」から取られたものです。

1.Yaruテーマのアップデート

「Yaruテーマ」がアップデートされ、「Ubuntu」の起動時に表示されるスプラッシュスクリーンからデスクトップまで、「Ubuntu」の見た目が新しくなりました。
「Yaruテーマ」は「Ubuntu 18.10」から導入されたテーマであり、「Ubuntu 18.04 LTS」から「Ubuntu 20.04 LTS」へアップグレードするユーザーにとっては、デザインの一新になります。



2.3種類のカラーリング

「Yaruテーマ」には3種類のカラーリングが用意されています。
ユーザーは「設定」の「外観」から、それらのカラーリングを選択できます。


明るい

「明るい」を選択すると、以下のようにウィンドウのタイトルバー(CSD)や背景色が明るいカラーリングになります。


標準

「標準」を選択すると、以下のようにウィンドウのタイトルバー(CSD)は暗いカラーリングに、背景色が明るいカラーリングになります。

 

暗い

「暗い」を選択すると、以下のようにウィンドウのタイトルバー(CSD)と背景色が暗いカラーリングになります。


3.サウンドテーマ

「Yaru」にはサウンドテーマも含まれています。
 上記でカラーリングを切り替えれば、デフォルトの「Yaru Alert Sound」に戻すことができます。
またサウンドテーマには、ログイン時に再生するサウンドも用意されています。
以下のコマンドを実行すれば、そのサウンドを再生できます。

/usr/bin/canberra-gtk-play --id="desktop-login" --description="GNOME Login"

4.スライドショーとブートスプラッシュ

「Yaruテーマ」は、インストーラーのスライドショーとブートスプラッシュにも反映されています。
例えばブートスプラッシュに表示され読み込み中を表すスピナーは、デスクトップのテーマを元にデザインされています。


ディスクを暗号化して「Ubuntu」をインストールした場合、パスフレーズを入力するエリアが表示されますが、この部分もデスクトップのテーマと同じデザインでデザインされています。

5.美しい壁紙

デフォルトの壁紙に加え、新しい壁紙が同梱されています。


1枚懐かしい壁紙が含まれていますね。

6.メディアの自動チェック

ライブUSBやライブDVDから「Ubnutu」を起動すると、起動時にそれらのメディアの中身が破損していないか、自動的にチェックが行われるようになりました。


メディアのチェックは「Ctrl + C」キーを押せば途中でスキップできます。
メディアの破損によるインストールの失敗は、ユーザーが遭遇する最も共通的な問題であり、起動時に自動的にメディアのチェックを行うことで、この問題を回避することができます。

もしメディアのチェックでエラーが見つかった場合、ディスクイメージのダウンロードに失敗している可能性があります。
ディスクイメージのチェックサムを検証し、もしディスクイメージが破損していた場合は、再度ディスクイメージをダウンロードし直すと良いでしょう。

GNOME 3.36

「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」ではデスクトップ環境に「GNOME 3.36」を採用しています。


「Ubuntu 17.10」以降「Ubuntu」は、デスクトップ環境に「GNOME」を採用しています。
「Ubuntu」はアップストリームの「GNOME」や幅広いコミュニティーと密接に連携し、「GNOME」の改良作業に取り組んできました。
 また「Debian」とも連携し、パッケージを最新の「GNOME」にアップデートしました。

1.洗練されたUX

「GNOME 3.36」では、ユーザーのワークフローを改善する改良と、パフォーマンス及び安定性の向上が盛り込まれています。
これにより「Ubuntu」はデスクトップユーザーに、さらに洗練されたUX(使い勝手)を提供します。

2.Do Not Disturb

「Do Not Disturb」は通知を抑制する機能です。
「Do Not Disturb」の設定を切り替えるボタンが通知ポップオーバーに追加されました。


3.ログイン画面とロック画面

ログイン画面とロック画面のデザインが改善され、シンプルさと美しさを備えたデザインになりました。
また背景にはブラー効果が設定され、全面に表示される情報がより明瞭になっています。



4.サスペンドに素早くアクセス

メニューからPCのサスペンドに素早くアクセスできるようになりました。


5.アプリフォルダーの改善

「アプリフォルダー(App Folder)」の管理機能が強化され、アプリをグリッド状に配置したいユーザーにとって嬉しい改善になるでしょう。

6.パフォーマンスの向上

以下の修正が行われ、「GNOME」全体のパフォーマンスが向上しました。
アクションに対する応答性が向上し、アニメーションもスムーズになり、UXが向上しています。
CPU使用率も低減しています。


7.その他GNOME 3.36の改善点や変更点

その他「GNOME 3.36」の改善点や変更点は、以下を参照してください。


強力なアプリケーション群

「Ubuntu Desktop」は「Google G Suite」や「Microsoft Exchange」と連携し、また、ユーザーがベンダーロックイン(特定の企業が提供するサービスに強く依存すること)を避けられるようにするため、オープン・スタンダードをサポートします。

これを実現するため、オープンソースの強力なアプケーション群をデフォルトで提供しています。

1.Firefox

デフォルトのウェブブラウザーに「Firefox 75」を採用しています。
「Firefox」はユーザーのプライバシーに焦点をあてているブラウザーです。


2.Thunderbird

デフォルトのメールクライアントに「Thunderbird 68.7.0」を採用しています。
「Thunderbird」により、ユーザーは自身のメールにデスクトップから簡単にアクセスできます。


「Thunderbird」は、「Microsoft Exchange」や「Gmail」、「Hotmail」、「POP」、「IMAP」をサポートしています。

3.LibreOffice

デフォルトのオフィススィートに「LibreOffice 6.4」を採用しています。
「LibreOffice」を利用すればドキュメントの作成や編集を、簡単に、高速に、そして円滑に行なえます。


メーカー製PCのサポート強化

「Ubuntu」は企業や政府、公的部門、そして教育など幅広い分野で活用されています。
様々な分野から要求されるソフトウェア面とハードウェア面の要件を「Ubuntu」プリインストールPCで満たせるようにするため、「Canonical」は「Dell」や「HP」、「Lenovo」と密に連携した取り組みを行っています。(OEMパートナー)


「Ubuntu Desktop」をプリインストールしたPCを販売するメーカーもあれば、「Ubuntu Desktop」をサポートしているメーカーもあります。

1.認定したハードウェアにそのままUbuntuをインストール可能

「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」からは「Canonical」が認定したPCに対し、そのまま「Ubuntu Desktop」をインストールできるようになりました。
そのメーカー経由で提供される「Ubuntu Desktop」ではなく、一般的にリリースされた「Ubuntu Desktop」をPCにインストールできるようになった、ということです。

2.PC固有の機能を自動的に利用できるようにする

認定されたハードウェアに一般向けにリリースされた「Ubuntu Desktop」をインストールすると、そのPC固有の機能が利用できるように、自動的に必要なインストールと設定を行います。
PCと共に提供される工場出荷時のイメージと同様に、PC固有の機能を利用できます。

3.ブートスプラッシュにメーカーのロゴを表示して欲しいとの要望

「Ubuntu」起動時にブートスプラッシュにメーカーのロゴが表示されるようになりました。
この機能は、メーカーから要望された機能です。

またメーカーが将来搭載するであろう「DMIC」と「SoundWire」をサポートするため、「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」ではパッチをあてた「BlueZ 5.53」や「PulseAudio 14.0」そして「Sound Open Firmware」を提供しています。

4.生体認証デバイスのサポート改善

今や多くのデバイスで指紋リーダーが搭載されており、ユーザーセッションのロック解除に指紋リーダーが利用されています。
近年「Linux」における指紋リーダーのような生体認証デバイスは十分にサポートされておらず、ユーザーはそれらのデバイスを十分に活用できない状況です。

「Canonical」はこの状況を改善するため「libfprint」と連携し、ハードウェアベンダーが新しい生体認証デバイスをもっと簡単にサポートできるようにするため、バックエンドとUIの改良・開発を行っています。
UIに関しては近日登場予定です。



5.X11+HiDPI環境で、より細やかな拡大率の指定が可能に

「Wayland」と同様に「X11」環境でもより細やかな拡大率の指定が可能になりました。
「HiDPI」環境において、100%から200%間の拡大率を25%ごとに「設定」から指定できるようになりました。


元々この機能は「Ubuntu 19.04」ですでに実装されていた機能でしたが、UI上から設定を変更できるようにはなっていませんでした。
この機能は「HiDPI」ディスプレイを搭載したPCで大いに役立つでしょう。

ゲーム環境

「Ubuntu」ではすでに32bit版(x86/i386)のリリースは行っておらず、OSとしての「Ubuntu 32bit版」はありません。

しかし32bit版のライブラリーを要求する「Steam」「Wine」「Lutris」を動作させるため、これらのアプリが要求する32bit版のライブラリーを引き続き提供しています。
また同様にクラッシクゲームやアプリも提供しています。

1.Steamパッケージのアップデート

「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」向けに「Steam」パッケージがアップデートされました。
また様々なコントローラーやVRデバイスのサポートも行われました。


2.GameModeをデフォルトでインストール

「Ubuntu Desktop 20.04 LTS」では、「GameMode」がデフォルトでインストールされます。


「GameMode」はCPUの省電力モードを抑制し、ゲームのI/Oやプロセスの優先度を高くするなど、パフォーマンスを優先する設定を行うデーモン(サービス)です。
これによりゲームがスムーズに動作するようになり、Linuxゲームユーザーの体験が改善されます。

現在「GameMode」では、以下の設定を調整します。

  • CPUガバナー
  • I/O優先度
  • プロセス優先度
  • カーネルスケジューラー(SCHED_ISO)
  • スクリーンセーバーの抑制
  • GPUをパフォーマンスモードに(NVIDIA/AMD)
  • GPUのオーバークロック(NVIDIA) 
  • カスタムスクリプト

ゲームを実行する時に一時的に各種設定を行います。

3.ハイブリッドグラフィックス

CPUなどに実装されている内蔵GPUと外付けGPU(Discrete GPU)が搭載されているPCでは、「GNOME Shell」から外付けGPUの使用を指定して、アプリを起動できるようになりました。


4.nvencとVA-APIをサポートしたFFmpeg

ライブストリーミングによる映像配信や動画の編集では、「nvenc」と「VA-API」をサポートした「FFmpeg」を利用できます。
「GPU(ドライバー)」にこれらを利用できる機能が備わっていれば、デコードやエンコード、フィルタリング処理時にCPUにかかる負荷を大きく軽減できます。

「OBS Studio」や「Shotcut」といった「nvenc」に対応したアプリを利用すれば、ハードウェアエンコーディング機能を利用できます。

ZFSとzsys

「Ubuntu 19.10」で「Ubuntu Desktop」を「ZFS」でフォーマットされたファイルシステム上にインストールする試験的な機能がサポートされました。

1.ZFSのアップデート

「Ubuntu 20.04 LTS」では「ZFS」がアップデートされ、ハードウェアを利用した暗号化や、デバイスの削除、プールのトリムといった新機能や、パフォーマンスの改善は行われています。
まだ試験的な段階ですが、これらの機能と「zsys」を連携させ、「ZFS」のUXの改良に取り組んでいます。

2.zsys

「zsys」は「Ubuntu/Canonical」が開発するサービスです。
「ZFS」と「Ubuntu」間に位置するソフトウェアで、「ZFS」の使い勝手を向上させるソフトウェアです。

例えばユーザーがソフトウェアのインストールやアップデートを行う時に、「zsys」は自動的に現在のシステムのスナップショットを作成します。
もしソフトウェアのインストールやアップデートがシステムに悪影響を及ぼした場合、ユーザーはこのスナップショットを利用して、システムを以前の状態にロールバックできます。
これらのスナップショットは「GRUB」のブートメニューに表示されます。
これは将来的にシステムのバックアップ方法の1つとなるでしょう。

Ubuntu 18.04 LTSユーザーから見た改善点

将来的に「Ubuntu 18.04 LTS」から「Ubuntu 20.04 LTS」へ直接アップグレードできるようになります。

1.二年分の進化

「Ubuntu 20.04 LTS」には2年分の進化が詰まっています。
そのため「Ubuntu 18.04 LTS」ユーザーから見ると、様々な改善や変更が加えられています。
多くのユーザーはLTSリリースを好んでおり、LTSからLTSへアップグレードして「Ubuntu」を利用しているユーザーも多いでしょう。
特に注目すべき点を紹介します。

2.VeraCryptのサポート

「GNOME Disks(ディスク)」でストレージをフォーマットする際、オープンソースのディスク暗号化である「VeraCrypt」を利用できます。


3.パフォーマンスの向上

デスクトップズームとウィンドウプレビューのパフォーマンスが向上しました。

4.自動的なクラッシュレポートの送信

不具合報告ツールは、アプリケーション意図しない動作(クラッシュ)をした時に、ユーザーの作業を邪魔することなく自動的にクラッシュレポートを送信できるようになりました。

5.マイクやスピーカーデバイスの管理が簡単に

「GNOME Settings(設定)」の「サウンド」パネルでは、もっと簡単にマイクやスピーカーデバイスを管理できるようになりました。


6.デスクトップファイルの検索機能改善

「Tracker」がデフォルトでインストールされるようになり、デスクトップファイルの検索機能改善されました。


7.アプリケーション切り替え機能の改善

「Alt+Tab」によるアプリの切り替え機能や、ドックのウィンドウプレビュー機能が改善され、もっと直感的にアプリを切り替えられるようになりました。



8.Safe Graphics Modeの追加

意図しないエラーが発生した時にデバッグできるよう、「Safe Graphics Mode」が追加されました。

9.パフォーマンスの向上

デスクトップのパフォーマンスが向上しました。
CPU使用率の低減、スクロール時の入力遅延の低減、そして多くのGPUで出力遅延が低減しています。
つまり応答性が良くなりました。
また高く滑らかなフレームレートを一貫して維持するようになりました。

10.DLNAのサポート

「DLNA」によるメディア(動画、スマートTV、その他サポートされているデバイス)共有がサポートされました。

11.NVIDIA GPUドライバーの同梱

「Ubuntu」のインストールメディアにNVIDIA GPUドライバーが同梱され、NVIDIA GPUを搭載しているPCでは、ユーザーはインストーラーから直接NVIDIA GPUドライバーをインストールできるようになりました。

12.NVIDIAドライバーの起動時間改善 

NVIDIAドライバーを利用しているPCの起動時間が改善されました。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション