kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remixがリリースされました

2020年5月9日、「Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remix」がリリースされました。



日本語ユーザーのために

「Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remix」は、日本語ユーザーに最適化された「Ubuntu 20.04 LTS」です。
ライブセッションも日本語環境で利用でき、特に初めて「Ubuntu」を利用するユーザーにお勧めです。
また「Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remix」のライブメディアを作成しておけば、トラブルシューティング時やいざという時に役立ちます。

「Ubuntu 20.04 LTS」のリリース情報は、以下を参照してください。


サポート期間は同じ

「Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remix」のサポート期間は、オリジナルの「Ubuntu 20.04 LTS」と同じです。
つまり2025年4月までサポートが提供されます。

ディスクイメージのダウンロード

「Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remix」のディスクイメージは、以下からダウンロードできます。


「ISOファイル」と「Torrentファイル」がありますが、「Torrentファイル」を利用してディスクイメージをダウンロードするには、別途Torrentクライアントアプリが必要です。
よく分からなければ、「ISOファイル」をダウンロードすると良いでしょう。
「ISOファイル」はディスクイメージ本体です。

ダウンロード元が複数提供されていますが、いずれか一箇所からディスクイメージをダウンロードすればOKです。

Ubuntu 20.04 LTSの情報

「Ubuntu 20.04 LTS」に関する情報です。

変更点や既知の問題

変更点や既知の問題は、以下を参考にしてください。

  1. Ubuntu 20.04 LTSの新機能と変更点
  2. Ubuntu 20.04 LTSの既知の問題 
  3. Ubuntu Desktopの新機能と魅力・様々な新機能と改良点の紹介 
  4. Canonicalが取り組んできたGNOME Shellのパフォーマンス改良作業 
  5. Ubuntu Serverのインストーラーは、インストール時に最新版にアップデート可能 
  6. QEMU 4.2とlibvirt 6.0による優れた仮想環境のサポート 
  7. FIDO及びU2FデバイスによるSSH認証のサポート 
  8. 新しいUbuntu Server Guideの公開・Ubuntu Serverのセットアップガイド 
  9. Ubuntu 20.04 LTSがRaspberry Piを完全にサポート・イメージのダウンロードとインストールガイド

日本語版のリリースノートについて

日本語版のリリースノートは、以下を参照してください


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション