kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 21.04登場

先日紹介した通り「Ubuntu 21.04」がリリースされました。



「Ubuntu 21.04」では「Microsoft Active Directory」との連携や「Microsoft SQL Server」のサポート改善作業などエンタープライズユーザーにとっても価値ある取り組みが行われました。


Microsoft SQL Server on Ubuntu

「Ubuntu」上で動作する「Microsoft SQL Server on Ubuntu」は、最適化された費用対効果の高いデータベースプラットフォームを提供します。
「Ubuntu 21.04」の開発サイクルでパフォーマンスやスケーラビリティーの改良が行われ、その成果が「Ubuntu 20.04.2 LTS」にバックポートされました。


「DBMS(データベース管理システム)」及びそれに対応した「CLI(コマンドラインインターフェース)」は、「Azure」向けに最適化された「Ubuntu」イメージで利用できるようになっており、本番環境で利用可能な品質と高可用なデータベースプラットフォームを10年間のセキュリティーメンテナンスと共に提供しています。

CanonicalとMicrosoftによるサポートの提供

ミッションクリティカルな分野では、オンプレミスや「Azure Marketplace」を通じてデプロイされた「Microsoft SQL Server on Ubuntu」は、「Canonical」と「Microsoft」による連携したサポートが提供されます。

連携したソリューションの提供

「Microsoft SQL Server on Ubuntu」を利用したソリューションでは、データの耐久性を高めるため「XFS」ファイルシステム上で「FUA(Force Unit Access)」を提供するなど、改良されたパフォーマンスを実現しています。
また追加構成無しで「PMEM(Persistent Memory)」による高パフォーマンスなデータストレージを提供します。

そしてそのプラットフォーム全体は「Corosync」と「Pacemaker」により、高可用性と耐久性を向上させています。

Active Directory

「Ubuntu」が動作するマシン(PC)はインストール時に「ADドメイン(Active Directoryドメイン)」に参加できるようになりました。

構成管理が容易に

AD管理者はUbuntuが動作するワークステーションを管理できるようになり、企業のポリシーに沿った構成管理作業を簡素化できます。
また「Ubuntu 21.04」では、ADドメインコントローラーからシステム設定を構成する機能が追加されました。

システム管理者はグループポリシークライアントを利用し、接続されているすべてのクライアントにパスワードポリシーやユーザーアクセスコントロールといったセキュリティーポリシーを適用したり、ログイン画面や壁紙(背景)、お気に入りのアプリなどデスクトップ環境の設定を適用することも可能です。

FlutterとWayland

「Ubuntu 21.04」では「X.org」に代わり「Wayland」がデフォルトになっています。

Waylandの利点

「Wayland」の採用によりセキュリティーが大幅に向上しています。
「Firefox」や「OBS Studio」、その他「Electron」や「Flutter」で構築された多くのアプリは、円滑なグラフィックや分数スケーリングなど「Wayland」の利点を自動的に享受できます。

Flutter SDK

Snap向け「Flutter SDK」の統合により、アプリの開発者は数百万のLinuxユーザーにワンクリックでインストール可能なクロスプラットフォームのFlutterアプリを簡単に提供できます。


新しいダークテーマ

「Ubuntu 21.04」ではでは新しいダークテーマ(Yaru)が同梱され、アクセシビリティーの向上や新しいファイルアイコンが提供されています。
「Yaru」は「Canonical」の支援を受けコミュニティーによって開発されているテーマです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション