kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 21.10の新機能と変更点

リリースノートから「Ubuntu 21.10」の新機能と変更点を紹介します。


ここでは主に「Ubuntu Desktop」の内容を中心にピックアップします。
「Ubuntu 21.10」のリリースノートは以下で参照できます。


リリース情報

「Ubuntu 21.10」のリリース情報は、以下を参照してください。


サポート期間

「Ubuntu 21.10」は通常リリースであり、リリースされてから9ヶ月間のサポートが提供されます。
つまり2022年7月までサポートされます。

長期サポートが必要なユーザーは

長期サポートが必要なユーザーは、最新のLTS版である「Ubuntu 20.04 LTS」を利用してください。


「Ubuntu 20.04 LTS」は2025年4月まで無償サポートが提供されます。
また「ESM」によりさらにサポート期間を5年間延長できる有償サポートサービスも提供されています。

Linux kernel 5.13採用

「Ubuntu 21.10」は「Linux kernel 5.13」ベースの「Linux kernel」を採用しています。
これによりハードウェアのサポートが改善・改良されています。


Linux kernelの変更点

前バージョンの「Ubuntu 21.04」では「Linux kernel 5.11」が採用されており、2回分のメジャーアップデートが行われています。
「Linux kernel 5.12」及び「Linux kernel 5.13」の主要な変更点は、以下を参照してください。


ツールチェーンのアップデート

ツールチェーンがアップデートされました。

  • GCC 11.2.0
  • binutils 2.37
  • glibc 2.34
  • LLVM 13(デフォルト)
  • golang 1.17.x(デフォルト)
  • rustc 1.51(デフォルト)

またパッケージのビルドには使用されていませんが、「OpenJDK 18」が利用できるようになりました。

システム

システムに関連する変更点です。

nftables

ファイアーウォールのデフォルトのバックエンドが「nftables」になりました。

systemd

「systemd」がデフォルトで「cgroup v2」に切り替えられました。
従来の「cgroup v1」が必要な場合、起動時のカーネルパラメーターに「systemd.unified_cgroup_hierarchy=0」を指定して「cgroup v1」に切り替えることも可能です。


useradd

「Ubuntu 20.04.3 LTS」以降、数字だけで構成されたユーザー名でユーザーを作成できないようになりました。
例えば「123」や「1337」のように数字だけで構成されたユーザー名は利用できません。
このようなユーザー名は「systemd」などいくつかのコンポーネントで問題が起きるためです。


Ubuntu

「Ubuntu」に関連する変更点です。

GNOME 40

デスクトップ環境に「GNOME 40」を採用しています。

「GNOME 40」は2021年3月24日にリリースされた1つ前のバージョンですが、「Ubuntu 21.10」に搭載されている「GNOME 40」は、不具合の修正や機能の改善などマイナーアップデートが実施されているバージョンです。
「GNOME 40」の新機能や変更点は、以下を参照してください。


NVIDIA GPUドライバーのサポート改善

NVIDIA GPUプロプライエタリードライバー使用時にWaylandセッションを利用できるようになりました。

Bluetoothのサポート改善

「PulseAudio 15」が採用され、「Bluetooth」で使用される「LDAC」及び「AptX」音声圧縮コーデックに対応しました。
また「HFP」プロファイルに対応しました。

Snap版Firefoxへの移行

デフォルトのブラウザーにSnap版「Firefox 93」が採用されています。


Snap版「Firefox」は「Mozilla」及び「Canonical」によりメンテンナンスされます。
また従来のdeb版「Firefox」も「Ubuntu」公式リポジトリーから引き続き提供され、「Ubuntu 21.10」のサポート期間中はdeb版「Firefox」も同様にサポート対象になります。

その他

その他ソフトウェアもアップデートされています。


Raspberry Pi

「Raspberry Pi」に関連する変更点です。

Sense HATのサポート

「Sense HAT」がサポートされました。
「Sense HAT」を利用するには、以下のコマンドを実行し「sense-hat」パッケージをインストールしてください。

sudo apt install sense-hat

またSense HATデスクトップエミュレーターを利用するには、以下のコマンドを実行し「sense-emu-tools」パッケージをインストールしてください。

sudo apt install sense-emu-tools

u-bootの削除

ブートシーケンスから「u-boot」が削除されました。
またクリーンインストール及びアップグレーダーでUSB MSDブートがサポートされました。


Raspberry Pi Compute Module 3が非サポートに

本リリースを以って「Raspberry Pi Compute Module 3」が非サポートになりました。
Raspberry Pi Compute Module 3」には4GBのeMMCストレージが搭載されていますが、「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Server」がこの容量を超えるためです。

一方で8GB以上のeMMCストレージが搭載されている「Raspberry Pi Compute Module 3+」は引き続きサポートされます。

既知の問題

既知の問題です。

ZFSで構築したファイルシステムが破損する不具合

「Linux kernel 5.13.0-19」に含まれる「ZFS」ドライバーに不具合があり、ZFSで構築したファイルシステムが破損する可能性があります。

「ZFS」を利用しているユーザーはこの不具合が修正された「Linux kernel」のアップデートが提供されるまで、「Ubuntu 21.10」へのアップグレードは待ったほうが良いでしょう。
本不具合の詳細や対応状況は、以下を参照してください。


インストーラーがフリーズする

「Ubuntu Desktop」のインストーラーである「Ubiquity」が、NTFSパーティションをリサイズ可能かどうかチェックする処理でフリーズする可能性があります。
この現象は「アップデートと他のソフトウェア」画面から次の画面に移る際に発生する可能性があります。

もしこの現象が発生したらPCを再起動し、再度インストール作業を行ってください。

Snap版Firefoxのレンダラープロセスがクラッシュする

「VT(仮想コーンソール)」の切り替え時やサスペンドからの復帰時に、Snap版「Firefox」のレンダラープロセスがクラッシュします。


この現象は以下の不具合と同様の原因で引き起こされる現象です。


この不具合は今後リリースされる「Firefox 94.0」で修正されます。
すでにSnap版「Firefox」の「beta」チャンネルでは、この不具合に対応した「Firefox」が提供されています。

Raspberry PiでHDMI出力が動作しない

「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Desktop」では、KMSサポートによりHDMI出力が動作しません。
この現象は「100 Hz」を超えるような高リフレッシュレートのモニターでよく発生します。
この問題を回避するには以下の作業を行います。

1.config.txtファイルを開く

SDカードを別のマシンに挿入します。
「system-boot」ラベルがついたパーティションにある「config.txt」ファイルをテキストエディターで開きます。

2.設定の変更

以下の記述を検索します。

dtoverlay=vc4-kms-v3d

この内容を以下のように書き換えます。

dtoverlay=vc4-fkms-v3d

編集したらファイルを保存します。

3.補足

「fkms」オーバーレイ下では以下のように、デスクトップの用途に応じて他の回避策が必要になる場合があります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション