kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Raspberry Pi Zero 2 Wの登場とUbuntu Server 21.10のサポート

2021年10月28日、「Raspberry Pi」から「Raspberry Pi Zero 2 W」がアナウンスされました。


Raspberry Pi Zero 2 W

「Raspberry Pi Zero 2 W」は「SoC」に「Broadcom BCM2710A1」を採用した新しい「Raspberry Pi」です。


ハードウェア

「Raspberry Pi Zero 2 W」に搭載されている「Broadcom BCM2710A1」は、4コア64bit Arm Cortex-A53 SoCであり、動作クロックは1GHzに設定されています。
またメモリーに512MBのLPDDR2を搭載し、「2.4GHz IEEE 802.11b/g/n」に対応した無線LANや「Bluetooth 4.2/BLE」も搭載しています。

他にも「OTG」に対応した「USB 2.0」を1ポート備え、「Mini HDMI」による映像出力、「microSDカードスロット」による外部ストレージもサポートしています。
価格は$15です。
仕様の詳細は上記リンク先を参照してください。

パフォーマンスがほぼ5倍に

sysbench」のマルチスレッドベンチマークでは、パフォーマンスが前作の「Raspberry Pi Zero/W」からほぼ5倍に向上しました。

Ubuntu Serverのサポート

「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Server」のサポート状況です。
いくつか注意事項があります。


Ubuntuのリリース情報

「Ubuntu 21.10」のリリース情報は、以下を参照してください。


「Ubuntu 20.04.3 LTS」のリリース情報は、以下を参照してください。


必ずリリースノートにも目を通しておきましょう。

Ubuntu Server 21.10 32bit(Hard-Float)

「Ubuntu Server 21.10 32bit(Hard-Float)」はすでに「Raspberry Pi Zero 2 W」に対応しています。
インストール方法は以下を参照してください。


Ubuntu Server 21.10 64bit(ARM)

「Ubuntu Server 21.10 64bit(ARM)」に採用されている「Linux kernel」はまだ「Raspberry Pi Zero 2 W」に対応していません。
数日中に「Raspberry Pi Zero 2 W」に対応した「Linux kernel」がリリースされる予定です。

Ubuntu Server 20.04 LTS 64bit(ARM)

「Ubuntu Server 20.04 LTS 64bit(ARM)」も「Ubuntu Server 21.10 64bit(ARM)」と同様ですが、こちらも同じく「Raspberry Pi Zero 2 W」に対応する予定です。
「Ubuntu Server 20.04 LTS 64bit(ARM)」の対応次期は2021年11月8日になる予定です。

Ubuntu Server 64bit(ARM)をインストールする場合

「Ubuntu Server 64bit(ARM)」をインストールする場合、事前に一手間必要になります。

Raspberry Piを所有している場合

「Raspberry Pi 3/4/400」など「Ubuntu Server 64bit(ARM)」に対応している「Raspberry Pi」を所有している場合、以下のインストール方法に沿って「Ubuntu Server 64bit(ARM)」をその「Raspberry Pi」にインストールします。


以下のコマンドを実行し、ソフトウェアをアップデートします。

sudo apt update && sudo apt upgrade

ソフトウェアをアップデートしたら、そのmicroSDカードを「Raspberry Pi Zero 2 W」で利用します。
以上で完了です。

Raspberry Piを所有していない場合

「Ubuntu Server 64bit(ARM)」に対応している「Raspberry Pi」を所有していない場合、「Ubuntu Server 64bit(ARM)」のイメージを展開し、そこに含まれる「bcm2710-rpi-3-b.dtb」ファイルを「bcm2710-rpi-zero-2.dtb」というファイル名でコピーします。
作業内容の詳細は、以下の「Ubuntu Impish」の項目を参照してください。


これで「Ubuntu Server」を「Raspberry Pi Zero 2 W」で起動できるようになります。
起動後以下のコマンドを実行し、ソフトウェアをアップデートしておきます。

sudo apt update && sudo apt upgrade

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション