kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Raspberry Piのサポート改善

「Ubuntu 22.04 LTS」ではRaspberry Pi向けUbuntuもリリースしています。



Ubuntu 22.04 LTSのリリース情報

「Ubuntu 22.04 LTS」のリリース情報は、以下を参照してください。


Raspberry Pi Imager

イメージをSDカードに展開する「Raspberry Pi Imager」は、以下のいずれかからダウンロード可能です。


イメージは以下からダウンロード可能です。


チュートリアル

インストール手順に関するチュートリアルは、以下を参照してください。


その他関連ドキュメントは以下を参照してください。


初のRaspberry Pi向けLTS版Ubuntu Desktop

今回リリースされたRaspberry Pi向け「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」は、初のRaspberry Pi向けLTS版「Ubuntu Desktop」です。

LTSは2年一度4月にリリースされる長期サポート版のUbuntuであり、「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」は2022年4月にリリースされたばかりの最新のLTS版Ubuntuです。
5年間の無償サポートが提供されます。

LTS版Ubuntu Serverは2年前から存在

その一方でRaspberry Pi向けUbuntu Serverは、2年前に「Ubuntu Server 20.04 LTS」がリリースされており、Ubuntu Desktopよりも先にLTS版がリリースされています。

Ubuntu Desktopの改善

Raspberry PiのサポートやUXを改善するため、「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」では様々な改善が行われています。

1.GNOME 42の改善

「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」ではデスクトップ環境に「GNOME 42」が採用されており、前バージョンの「Ubuntu Desktop 21.10」と比較してデスクトップの操作時に2倍のフレームレートを実現しています。

2.カスタマイズ性の向上

ユーザーがアクセントカラーを選択したり、システム全体でテーマの基調を合わせるDark Style Preferenceがサポートされています。


3.多用なアプリケーション

「Firefox」やオフィススイートの「LibreOffice」のプリインストール、その他開発者向けに最新の「Python」「Ruby」「Go」「Rust」といったソフトウェアを活用できます。

4.Raspberry Pi 4 2GBモデルのサポート

今までUbuntu Desktopは、メモリー搭載量が4GB以上のモデルを推奨していました。
「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」ではRaspberry Pi 4 2GBモデルもサポートされました。
これを実現するために事前に調整済みのZswapを搭載し、スワップデータを圧縮することでメモリーの使用量が上限に達しつつあってもSDカードやストレージへのスワップ頻度を低減できるようになりました。

5.パフォーマンスの向上

今までユーザーが手動で行っていたパフォーマンスの最適化を予め組み込み、パフォーマンスの向上につなげています。


HATサポートの改善

「HAT(Hardware Attached on Top)」サポートが改善されています。

1.Sense HAT

「Sense HAT」自体のサポートは「Ubuntu 21.10」から行われています。
以下を参照してください。


2.Unicorn HAT / Unicorn pHAT

「Unicorn HAT」と「Unicorn pHAT」の製品は、以下を参照してください。


これらに対応するには、以下のコマンドを実行してください。

sudo apt install python3-unicornhat

3.Unicorn HAT HD

「Unicorn HAT HD」の製品は、以下を参照してください。


これに対応するには、以下のコマンドを実行してください。

sudo apt install python3-unicornhathd

4.Unicorn Hat Mini

「Unicorn Hat Mini」の製品は、以下を参照してください。


これに対応するには、以下のコマンドを実行してください。

sudo apt install python3-unicornhatmini

DSIのサポート

「Raspberry Pi Touch Display」に対応するため「DSI」がサポートされました。


FKMSグラフィックスタックに切り替える必要がある

「DSI」のサポート自体はUbuntu DesktopでもUbuntu Serverでも有効ですが、「DSI」を利用するにはグラフィックスタックを「FKMS」に切り替える必要があります。
「FKMS」に切り替えるには、まず以下のファイルを開きます。

  • /boot/firmware/config.txt

以下の設定を探します。

dtoverlay=vc4-kms-v3d

この設定を以下のように書き換えます。

dtoverlay=vc4-fkms-v3d

Raspberry Pi Zero 2 Wのサポート改善

「Ubuntu Server 22.04 LTS」で「Raspberry Pi Zero 2 W」もサポートされています。
インストールするだけですぐに使えるように調整されています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション