kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Active Directoryのサポート強化とADsys

「Ubuntu 22.04 LTS」で「Active Directory」のサポートが強化され、さらに使いやすさが向上しました。



上記でその背景の第一弾が紹介されています。

Ubuntu 22.04 LTSのリリース情報

「Ubuntu 22.04 LTS」のリリース情報は、以下を参照してください。


Active Directory

「Active Directory」は「Windows」で利用されている機能であり、システム管理者がユーザーやマシンリソースを一元的に管理するための仕組みです。
「Active Directory」は特定のユーザーに対しリソースをどの程度割り当てるのか、同様にどの程度権限をもたせるのかを管理でき、企業などエンタープライズの分野で幅広く活用されています。

SSSDでActive Directoryをサポートしてきた

Linuxにおいて「Active Directory」は「SSSD(System Security Services Daemon)」でサポートしてきました。


しかし「SSSD」がサポートする認証方式は限られており、「Group Policy Object」ポリシーに関連する機能も一部の機能に留まっていました。

新しいActive Directoryクライアント、ADsys登場

そこでその制約を改善するため、新しい「Active Directory」クライアントである「ADsys」が登場しました。

Ubuntu Desktop 22.04 LTSでADsysを導入可能

「ADsys」は「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」をサポートしており、「Ubuntu」をクライアントとして「Active Directory」に統合するのに必要な機能を提供しています。
これには「admx」や「adml」テンプレートファイルのサポートも含まれています。

ADsysは2つのコンポーエントで構成されている

「ADsys」は以下の2つのコンポーエントで構成されています。

  1. adsysd
  2. adsysctl

adsysdの役割

「adsysd」はサービスを支えるデーモンです。
Group Policyプロトコルの実装や「Kerberos」「Samba」「LDAP」による認証、ポリシーの取得といった役割を担っています。

adsysctlの役割

「adsysctl」は「adsysd」を制御したり状態を確認するためのコマンドラインツールです。

ADsysはSSSDやPAMを置き換えるものではない

「ADsys」は既存の「SSSD」や「PAM」を置き換えるものではなく、足りない機能を補完するためのものです。
既存の仕組みは引き続きユーザー認証やホームディレクトリーの設定に活用されます。

ADsysの対応OS

「ADsys」は「Ubuntu 20.04.2 LTS」以降に対応しており、「Windows Server 2019」との組み合わせでテストされています。

ADsysの関連情報

「ADsys」は「GPLv3」で開発されているオープンソースのソフトウェアです。
「ADsys」は以下で開発されています。


「ADsys」の公式ドキュメントは以下を参照してください。


「Ubuntu Desktop」と「Active Directory」の統合や連携及び活用に関するホワイトペーパーは以下を参照してください。


ADsysは機能を追加する

「ADsys」は以下の機能を追加します。

1.Group Policy Objectをネイティブにサポート

「ADsys」は「Group Policy Object」をネイティブにサポートします。
クライアントマシンの「dconf」を活用し、マシン及びユーザーポリシーの設定をサポートします。
ちなみに「dconf」は「Windows」で言うところのレジストリーみたいなものです。

2.管理者権限の管理

デフォルトのローカルユーザー及び「Active Directory」のユーザーとグループに対し、管理者権限の付与や剥奪を行います。

3.カスタムスクリプトの実行

マシンの起動時やシャットダウン時、及びユーザーのログインやログアウト時に、シェルスクリプトの実行をスケジューリングする機能を提供します。

4.ポリシーファイルの生成

「adsysctl」で「Active Directory」にインストール可能な「.admx」及び「.adml」ポリシーファイルを生成できます。
生成されたポリシーファイルを「Active Directory」にインポートすれば、「Windows Server」のグループポリシー管理エディターで簡単にポリシーを管理できるようになります。

ADsysが提供する高度な新機能を利用するには

「ADsys」が提供する高度な新機能を利用するには、「Canonical」のサポートサービスである「Ubuntu Advantage」に登録が必要です。


制限はありますが個人向けに無償で利用可能なプランもあります。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション