kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

ユーザーアカウントの追加と削除

ユーザーアカウントの追加と削除は、「設定」アプリの「ユーザー」から行います。


事前にロックの解除を

ユーザーアカウントの追加と削除を行うにはロックの解除が必要です。
ロックを解除するには、画面右上の「ロック解除」ボタンをクリックします。


パスワードを入力して認証が成功すればロックが解除されます。

ユーザーアカウントを追加するには

ユーザーアカウントを追加するには、画面上部の「ユーザーを追加」ボタンをクリックします。


以下のように追加するユーザーアカウントの設定画面が表示されます。


アカウントの種類

アカウントの種類を選択します。
管理者は「root」などシステムの変更に関わる場面で認証可能なユーザーです。
アプリのインストールやアンインストールなど、管理者権限が必要な機能は管理者のみ利用可能です。
例えば家族でPCを共有する場合、勝手にシステムをいじられないように他のユーザーは標準で作成しておくのも良いでしょう。

フルネーム

ログイン画面などユーザー名はUI上に表示される名称です。
フルネームはユーザー名(アカウント名/ユーザーID)とは異なり、ユーザーの名前など分かりやすい名称を指定できます。


ユーザー名

ユーザー名はシステムが一意にユーザーを識別するIDです。
ユーザーのホームフォルダー名にも使用されます。
後からユーザー名を変更することはできませんし、入力できる文字も英数字記号と限られています。
有効なユーザー名を入力すると、右側にチェックマークが表示されます。

パスワード

ユーザーのパスワードの設定です。

次回ログイン時にユーザー自身にパスワードを設定させる

これを選択すると、ログイン時にそのユーザーでログインする時にパスワードを設定できるようになります。


確認のためにもう一度同じパスワードを入力します。


今すぐパスワードを設定する

すぐ下のパスワード入力エリアで、ユーザーのパスワードを入力してください。

設定例

ここでは例として以下のように設定しました。
アカウントの設定が完了したら画面右上の「追加」ボタンをクリックします。


以下のように新しいユーザーアカウントが作成されます。


また新しいユーザーアカウントのホームフォルダーも作成されます。


ユーザーのホームフォルダーは、以下の場所に作成されます。

  • /home/ユーザー名

ユーザーアカウントを削除するには

ユーザーアカウントを削除する方法です。

1.削除するユーザーアカウントの選択

まずユーザーアカウント一覧から削除するユーザーアカウントを選択します。


2.ユーザーの削除

画面の下部にある「ユーザーを削除」ボタンをクリックします。


3.ホームフォルダーの削除方法の選択

削除するユーザーアカウントのホームフォルダーを削除するかどうかを選択します。


削除するユーザーアカウントのホームフォルダーが不要なら「ファイルを削除」をクリックし、後で再利用するなど残しておくなら「ファイルを残す」をクリックします。

4.ユーザーアカウントの削除完了

以下のように選択されたユーザーアカウントが削除されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション