kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

日本語入力(Mozc)の設定をカスタマイズするには

「Ubuntu」では日本語入力に「Mozc」を採用しています。


Mozcの設定をカスタマイズするツールを導入すれば、Mozcの振る舞いや動作をカスタマイズできるようになります。

Mozc設定ツールのインストール

まずはMozc設定ツールのインストールからです。

1.Ubuntu Softwareの起動

以下のボタンをクリックし、「Ubuntu Software」を起動します。


2.インストール

以下の画面が表示されるので「インストール」ボタンをクリックします。


以上でインストールは完了です。

3.Mozcの設定の起動

デスクトップ画面左上の「アクティビティ」をクリックし、「Mozcの設定」を起動します。


全般設定

「全般設定」のタブでは、全体的な動作に関する設定を行います。


ローマ字入力・かな入力

日本語の入力をローマ字入力で行うのか、それとも”かな”入力で行うのかをここで選択できます。
ローマ字入力で日本語を入力するユーザーの方が多いのではないでしょうか。
また例えキーボードのキー配列が日本語配列だったとしても、キーボードに”かな”が印字されていない場合は、ローマ字入力になりますね。

句読点

キーボードから入力された句読点の変換方法をここで指定します。

記号

キーボードから入力された記号の変換方法をここで指定します。

スペースの入力

スペースキーを押した時に、Mozcの入力モードに従ってスペースを入力したり、常に半角もしくは全角スペースを入力することができます。
その設定をここで行います。

テンキーからの入力

キーボードのテンキーから入力された文字の変換方法をここで指定します。

キー設定の選択

Mozcに対するショートカットキーの設定をここで行います。
ATOKやMS-IME風のショートカットキーなど、いくつか定義済みショートカットが用意されています。
また「編集」ボタンをクリックすれば、ショートカットキーのカスタマイズなどユーザー独自のショートカットキーを設定できます。


エクスポートとインポートも可能

この画面の「編集」ボタンからショートカットキー設定のファイルへの保存(エクスポート)やファイルからの読み込み(インポート)も可能です。
お好みのショートカットキーにカスタマイズしたら、ショートカットキー設定をファイルへ保存しておくと良いでしょう。

Ubuntuのクリーンインストール時にショートカットキーを復元したり、別のUbuntuインストールPCでショートカットキーを読み込めば、ショートカットキーを共有できます。

ローマ字テーブル

ローマ字をキーボードから入力した時に、自動的に変換する文字をここで設定できます。
「編集」ボタンをクリックして必要な設定を行ってください。


エクスポートとインポートも可能

この画面の「編集」ボタンからローマ字テーブル設定のファイルへの保存(エクスポート)やファイルからの読み込み(インポート)も可能です。
お好みのローマ字テーブルにカスタマイズしたら、ローマ字テーブル設定をファイルへ保存しておくと良いでしょう。

その他の設定や詳細は

その他の設定や詳細は、以下を参照してください。


辞書設定

「辞書」タブでは、学習機能やユーザー辞書、その他変換に関する設定を行います。
いくつか設定をピックアップします。


学習機能

ユーザーの日本語の文章の変換内容や変換方法からユーザーの癖を学習し、それを変換方針に反映する機能です。
これにより変換精度を向上させることができます。
しかしおかしな癖を学ばせてしまった場合は、「学習履歴のクリア」ボタンで学習内容をリセットすることができます。

ユーザー辞書の編集

ユーザー辞書の編集画面を表示します。
標準の変換内容に出てこないような固有名詞や単語をここで登録しておくと、変換精度を向上させることができます。


左側にユーザー辞書の一覧が並びます。
ユーザーはユーザー辞書を分類に応じて複数作成することもできます。

また右側に現在選択されている辞書の内容が表示されます。
「よみ」に変換前の文字列を入力し、「単語」に変換後の文字列を入力します。
また「品詞」でその単語に対する適切な品詞を選択します。
適切な品詞は変換精度の向上に繋がります。

エクスポートとインポートも可能

この画面の「管理」ボタンからユーザー辞書のファイルへの保存(エクスポート)やファイルからの読み込み(インポート)も可能です。
ユーザー辞書を編集し終わったら、ユーザー辞書をファイルへ保存しておくと良いでしょう。

その他の設定や詳細は

その他の設定や詳細は、以下を参照してください。


入力補助の設定

入力補助の設定は、ユーザーの文章の入力や変換を支援する設定です。


自動英数変換を有効にする

この機能は、例えば「ごおgぇ」と入力すると「goolge」に変換してくれる機能です。

句読点変換を有効にする

右側で指定された句読点が入力された時に、自動的に入力された文章の変換を開始する機能です。

その他の設定や詳細は

その他の設定や詳細は、以下を参照してください。


サジェストの設定

「サジェスト」のタブでは文章の入力支援を行います。


サジェスト

サジェストは入力された文字から文章を補完する仕組みです。
入力候補として補完する文章が表示されます。

サジェストの最大数

表示するサジェストの最大数を指定します。

その他の設定や詳細は

その他の設定や詳細は、以下を参照してください。


プライバシーの設定

プライバシーの設定です。


プライバシーの設定は、以下を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション