kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ImageShackプラグイン

  ImageShackプラグインは、ImageShackに画像をアップロードするプラグインです。


ImageShackプラグインの設定

  ImageShackプラグインを利用する前に、ImageShackプラグインの設定を行う必要があります。
  「設定」ボタンをクリックすると以下の画面が表示されるので、「Registration Code」を入力します。


ImageShackプラグインの使い方

  ImageShackプラグインの使い方です。

  1.アクションの選択

    1番目のペインで「Upload to ImageShark」アクションを選択します。


  2.ファイルの選択

    2番目のペインでImageSharkにアップロードしたい画像を選択します。


    「エンター」キーを押せば、画像がImageSharkにアップロードされます。

Launchpadプラグイン 

  Launchpadプラグインは、Launchpadから様々な情報を検索するプラグインです。


  以下の機能を利用できます。

  1. Answersから質問を検索する
  2. プロジェクトのAnswersページを表示する
  3. Blueprintsからアイデアを検索する
  4. プロジェクトのBlueprintsページを表示する
  5. Blueprint登録ページを表示する 
  6. バグ番号からバグの報告ページを表示する 
  7. プロジェクトのバグ報告ページを表示する 
  8. プロジェクトのバグ一覧ページを表示する 
  9. バグを検索する
  10. ソースコードの検索 
  11. プロジェクトのソースコードページを表示する
  12. 翻訳向けのプロジェクトを検索する
  13. Ubuntuの翻訳ページを表示する
  14. プロジェクトのページを表示する
  15. ユーザーページを表示する
  16. ユーザーを検索する

1.Answersから質問を検索する

  Answersから質問を検索します。
  ソフトウェアの使い方やビルド方法など、プロジェクトで行われている質問を検索することができます。
  この検索は、特定のプロジェクトではなくLaunchpad全体に対して行われます。

  1-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  1-2.キーワードの入力

    2番目のペインに検索する質問のキーワードを入力します。


  1-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Answers Search」を選択します。


  1-4.検索画面の表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動しAnswersの検索画面が表示されるので、必要に応じて検索条件を設定し「Search」ボタンをクリックします。


  1-5.検索結果の表示

    以下のように検索が行われ、検索結果が表示されます。


2.プロジェクトのAnswersページを表示する

  特定のプロジェクトのAnswersページを表示します。
  Answersページは、プロジェクトに対する質問を記述するページです。

  2-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  2-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにプロジェクト名を入力します。


  2-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Project Answers」を選択します。


  2-4.Answersページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、プロジェクトのAnswersページが表示されます。


3.Blueprintsからアイデアを検索する

  Blueprintsからアイデアを検索を行います。
  Blueprintsは、ソフトウェアの次期バージョンに向けた実装や要望などのアイデアを記述するページです。

  この検索は、特定のプロジェクトではなくLaunchpad全体に対して行われます。

  3-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  3-2.キーワードの入力

    2番目のペインに検索するキーワードを入力します。


  3-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Blueprint Search」を選択します。


  3-4.検索画面の表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動しBlueprintsの検索画面が表示されるので、必要に応じて検索条件を設定し「Search」ボタンをクリックします。 

4.プロジェクトのBlueprintsページを表示する

  プロジェクトのBlueprintsページを表示します。
  Blueprintsは、ソフトウェアの次期バージョンに向けた実装や要望などのアイデアを記述するページです。

  4-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  4-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにプロジェクト名を入力します。


  4-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Project Blueprints」を選択します。


  4-4.Blueprintsページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、プロジェクトのBlueprintsページが表示されます。


5.Blueprint登録ページを表示する

  Blueprintを登録するページを表示します。

  5-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  5-2.文字の入力

    2番目のペインに適当な文字列を入力します。


    ここに入力された文字列は使用されないので何を入力しても良いですが、1文字以上の文字列を入力する必要があります。

  5-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Register Blueprints」を選択します。


  5-4.Blueprintsページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、Blueprintsの登録ページが表示されます。


6.バグ番号からバグの報告ページを表示する

  バグ番号からバグの報告ページを表示します。
  バグ番号は、バグを一意に識別するための識別子です。

  6-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  6-2.バグ番号の入力

    2番目のペインにバグ番号を入力します。


  6-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Bug Number」を選択します。


  6-4.Blueprintsページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、バグの報告ページが表示されます。


7.プロジェクトのバグ報告ページを表示する

  プロジェクトのバグ報告ページを表示します。

  7-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  7-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにバグ報告したいプロジェクト名を入力します。


  7-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Bug Report」を選択します。


  7-4.バグ報告ページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、プロジェクトのバグ報告ページが表示されます。


8.プロジェクトのバグ一覧ページを表示する

  プロジェクトのバグ一覧ページを表示します。

  8-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  8-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにプロジェクト名を入力します。


  8-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Project Bugs」を選択します。


  8-4.バグ一覧ページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、プロジェクトのバグ一覧ページが表示されます。


9.バグを検索する

  バグを検索します。
  この検索は、特定のプロジェクトではなくLaunchpad全体に対して行われます。

  9-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  9-2.キーワードの入力

    2番目のペインにバグの現象などキーワードを入力します。 


  9-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Bug Search」を選択します。


  9-4.検索結果の表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、バグの検索結果が表示されます。


10.ソースコードの検索

  ソースコードを検索します。


  codebrowse.launchpad.netが動作していない(2015/12/19)

    codebrowse.launchpad.netが動作していないため、この機能は利用できません。

11.プロジェクトのソースコードページを表示する

  プロジェクトのソースコードページを表示します。

  11-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  11-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにプロジェクト名を入力します。


  11-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Code Overview」を選択します。


  11-4.ソースコードページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、プロジェクトのソースコードページが表示されます。


12.翻訳向けのプロジェクトを検索する

  翻訳向けのプロジェクトを検索します。

  12-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  12-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにプロジェクト名を入力します。


  12-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Translation Search」を選択します。


  12-4.検索結果の表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、検索結果が表示されます。


13.Ubuntuの翻訳ページを表示する

  Ubuntuの翻訳ページを表示します。


  URLが間違っている(2015/12/19)

    URLが間違っているため、この機能は利用できません。

14.プロジェクトのページを表示する

  プロジェクトのページを表示します。

  14-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  14-2.プロジェクト名の入力

    2番目のペインにプロジェクト名を入力します。


  14-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「Project Page」を選択します。


  14-4.プロジェクトのページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、プロジェクトのページが表示されます。


15.ユーザーページを表示する

  ユーザーページを表示します。

  15-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  15-2.ユーザー名の入力

    2番目のペインにユーザー名を入力します。



  15-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「User Page」を選択します。


  15-4.プロジェクトのページの表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、ユーザーのページが表示されます。


16.ユーザーを検索する

  ユーザーを検索します。

  16-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Search Launchpad」を選択します。


  16-2.ユーザー名の入力

    2番目のペインに検索するユーザー名を入力します。

  16-3.検索対象の選択

    3番目のペインで「User Search」を選択します。


  16-4.検索結果の表示

    「エンター」キーを押すとブラウザーが起動し、検索結果が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション