kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ゼロデイ攻撃の脆弱性

  Linux Kernel 3.8以降のLinux Kernelで、ユーザーの意図しない権限の昇格により、root権限を奪われる脆弱性が見つかりました。

  この脆弱性については、以下を参考にしてください。



  影響を受けるUbuntuのバージョン

    この問題に影響を受けるUbuntuのバージョンは以下の通りです。

  • Ubuntu 14.04
  • Ubuntu 15.04
  • Ubuntu 15.10

    Xubuntu等Ubuntuのフレーバーも対象です。
    サポートが終了したUbuntuは、上記に含まれていません。

  Ubuntuでの対応

    すでにこの問題を修正したLinux Kernelがリリースされています。
    ユーザーはいつも通り「ソフトウェアの更新」からソフトウェアをアップデートすればよいです。


    Xubuntu等Ubuntuのフレーバーも同様です。

    アップデートが完了したら、忘れずにPCを再起動してください。
    アップデート後のLinux KernelでUbuntuを起動しないと、意味がないです。
 

  サポートが終了したUbuntuは利用しない

    サポートが終了したUbuntuに対してアップデートは提供されないため、注意してください。
    サポートされているバージョンへのアップグレードを検討してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション