kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ドキュメントを閉じる

  ドキュメントを閉じます。

  閉じる対象のドキュメントについて

    閉じる対象のドキュメントは、現在アクティブになっているドキュメントです。
    アクティブになっているドキュメントには文字を入力する位置を示すキャレット「I」が表示されます。

  1.ドキュメントの選択

    閉じたいドキュメントを表示します。


  2.ドキュメントを閉じる

    「ファイル」メニューを開き、「閉じる」をクリックします。
    「Ctrl + W」キーを押しても良いです。


    タブに表示される「x」ボタンをクリックしても良いです。


      タブを右クリックして表示されるメニューから「閉じる」をクリックしても良いです。


  3.保存確認

    ドキュメントが編集されている場合、以下のように保存確認画面が表示されます。


    保存せずに閉じる

      ドキュメントをファイルに保存せずにドキュメントを閉じます。

    キャンセル

      ドキュメントを閉じるのをキャンセルします。
 

    保存

      ドキュメントを上書き保存します。
      ドキュメントがファイルと関連付けられていない場合は、ドキュメントを新規に保存します。

ドキュメントをすべて閉じる

  ドキュメントをすべて閉じます。

  閉じる対象のドキュメントについて

    閉じる対象となるドキュメントは、現在アクティブになっているウィンドウで開いているすべてのドキュメントです。
    他のウィンドウで表示されているドキュメントは、閉じる対象になりません。

  1.ウィンドウをアクティブにする

    閉じる対象のドキュメントが表示されているウィンドウをクリックしてアクティブにします。


    例えば上記のウィンドウの場合、このウィンドウで開いている以下のドキュメントが閉じる対象になります。

  • 天気.txt
  • ブラウザー.txt 
  • オフィススート.txt

  2.ドキュメントをすべて閉じる

    「ドキュメント」メニューを開き、「すべて閉じる」をクリックします。
    「Shift + Ctrl + W」キーを押しても良いです。


  3.保存確認

    ドキュメントが編集されている場合、以下のように保存確認画面が表示されます。


    保存せずに閉じる

      ドキュメントをファイルに保存せずにすべてのドキュメントを閉じます。

    キャンセル

      ドキュメントを閉じるのをキャンセルします。
 

    保存

      チェックの入っているドキュメントを上書き保存します。
      ドキュメントがファイルと関連付けられていない場合は、ドキュメントを新規に保存します。

  4.完了

    以下のようにすべてのドキュメントが閉じられます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション