kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ジェミニプラグイン

  「ジェミニ」プラグインは、対になる括弧を補完するプラグインです。


プラグインを有効にする

  「ジェミニ」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Gemini」にチェックを入れます。


  これで括弧の補完が有効になるので、後はドキュメントで文章を入力すれば、自動的に対になる括弧が補完されるようになります。

  補完に対応している括弧は以下のとおりです。

  • "
  • '
  • `
  • (
  • [
  • {

「{」の補完について

  「{」の補完では、自動的に文章のインデントを調整する機能が利用できます。

  1.現在の文章

    例えば、現在ドキュメントに以下の文章があるとします。


  2.{の入力

    「{」を入力すると、自動的に「}」が補完されます。


  3.インデントの調整

    「エンター」キーを押して改行すると、以下のようにインデントが自動調整されます。


括弧の削除について

  括弧を削除すると、対になる括弧も自動的に削除されます。

  1.括弧の例

    例えば、以下のように括弧があるとします。


    ポイントは、括弧内に文章がないことと、カーソルが括弧内にあることです。

  2.括弧の削除

    「Delete」キーを押すと、以下のように対になる括弧も削除されます。


ジェミニプラグインが動作しないバグ(2014/10/7)

  「ジェミニ」プラグインを有効にしても、括弧の自動補完が動作しないバグがあります。
  ソースコードを修正する必要があります。

  1.ソースコードを開く

    「端末」を起動し、ソースコードを「gedit」で開きます。
    以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /usr/lib/gedit/plugins/gemini/gemini.py


  2.修正箇所の確認

    「gedit」が「root」で起動し、以下のように「ジェミニ」プラグインのソースコードが表示されます。
    41行目にコードを追加します。


  3.修正内容

    以下のコードを追加します。 

    def do_update_state(self):
        view = self.window.get_active_view()
        self.setup_gemini (view)


    ファイルを上書き保存して「gedit」を終了します。

  4.動作確認

    「gedit」を起動し、「ジェミニ」プラグインが動作するか確認します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション