kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートリポジトリーのクローン後、チェックアウトを行わない

  「リモートリポジトリー」をクローンした後、チェックアウトを行いません。

  通常「リモートリポジトリー」をクローンした後、「リモートリポジトリー」の「HEAD」が指すブランチからプロジェクトのファイル群を展開(チェックアウト)します。

  クローン後、プロジェクトのファイル群を展開する必要がなければ、クローン後のチェックアウトをキャンセルすると良いでしょう。
  プロジェクトのファイルを展開する時間を削減することができます。

オプションの説明

  リモートリポジトリーのクローン後、チェックアウトを行わないようにするには、以下のオプションを指定します。

ロングオプション ショートオプション
--no-checkout -n

リモートリポジトリーのクローン例

  「リモートリポジトリー」のクローン後、チェックアウトを行わない例です。

  1.ローカルリポジトリーの配置場所

    ここでは例として、「~/ドキュメント/git」フォルダー内に「myCloneProject」フォルダーを作成してもらい、「myCloneProject」フォルダー内にリポジトリーをクローンします。


    クローン元の「リモートリポジトリー」は、「git://192.168.56.1/mySharedProject」を指定します。

  2.カレントディレクトリーの移動

    「端末」を起動し、カレントディレクトリーを「~/ドキュメント/git」に移動します。


  3.コマンドの実行

    「リモートリポジトリー」をクローンします。
    コマンドの説明は、「リモートリポジトリーをクローンするコマンドの説明」を参考にしてください。

    ここでは、以下のコマンドを実行します。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git clone --no-checkout git://192.168.56.1/mySharedProject myCloneProject


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、「リモートリポジトリー」がクローンされます。


  5.フォルダーの確認

    「Nautilus」を起動し「~/ドキュメント/git」フォルダーを見ると、以下のように「myCloneProject」フォルダーが作成されています。


  6.myCloneProjectフォルダーの確認

    「myCloneProject」フォルダーを開くと、クローンされたリポジトリーが配置されています。


    「.git」フォルダーが、「Gitディレクトリー」です。
    「myCloneProject」フォルダーが、「ワーキングディレクトリー」です。

    見ての通り、「ワーキングディレクトリー」にプロジェクトのファイルが展開されていません。

    通常は、以下のようにクローン後に、プロジェクトのファイルが展開されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション