kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ルートコミットオブジェクトが異なるブランチ同士を結合する 

  「リベース」では、「ルートコミットオブジェクト」が異なるブランチ同士を結合することができます。

  ルートコミットオブジェクトとは

    「ルートコミットオブジェクト」とは、「親コミットオブジェクト」を持たない「コミットオブジェクト」のことです。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


    ここでは例として、「new」ブランチから到達できるすべての「コミットオブジェクト」をリベース対象にして、履歴を結合します。

  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


    「new」ブランチから到達できるすべての「コミットオブジェクト」をリベース対象にするため、リベース対象の「コミットオブジェクト」は、以下のようになります。

  • CommitA 
  • CommitB
  • CommitC
  • CommitD
  • CommitE

    上記のうち、「ルートコミットオブジェクト」は、以下のようになります。

  • CommitA 
  • CommitC

  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--preserve-merges
--root
--onto リベース先のコミットオブジェクト

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルの変更内容を異なるブランチに結合するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git rebase --verbose --preserve-merges --onto master --root new


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、リベース結果が表示されます。


  5.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    「new」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子が、「1.」と異なっています。


  6.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


    「CommitA」の変更内容を元に、「CommitA’」が新規に生成されています。
    「CommitB」の変更内容を元に、「CommitB’」が新規に生成されています。
    「CommitC」の変更内容を元に、「CommitC’」が新規に生成されています。
    「CommitD」の変更内容を元に、「CommitD’」が新規に生成されています。
    「CommitE」の変更内容を元に、「CommitE’」が新規に生成されています。

    「feature」ブランチそのものは、リベース前の状態と同じです。
    「feature」ブランチから到達できる「コミットオブジェクト」の変更内容は、リベース先にすでに取り込まれているため、必要に応じて「feature」ブランチが指す「コミットオブジェクト」を変更すればよいでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション