kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

猫が見つけたバグが修正される

  猫が見つけたバグが修正されました。



  前回紹介したバグとは、別のバグです。


  環境

    gdm:3.18.x
    ディストリビューション:Debian sid
    バグ報告日:2015-11-12

    「gdm」は、ログイン画面やロック画面を表示するディスプレイサーバーです。
    Ubuntuではディスプレイサーバーに「lightdm」を採用しています。
 

  再現手順

  • GNOMEにログインする
  • 「Super + L」キーを押して、画面をロックする
  • 「ESC」キーを押し続ける

  現象

    5分程経過すると、スライダーウィンドウが表示された後、「Gnome Shell」がクラッシュする

  期待する動作

    「Gnome Shell」がクラッシュせず、スライダーウィンドウとロック解除画面を行き来する

    「ESC」キーを押すと、以下の2画面が切り替わります。



コメント

   このバグに関するコメントです。

  #1  Rui Matos (2015-11-13)

    gdmがクラッシュしているようだ。
    プログラムがSIGSEGVシグナルで終了しており、セグメンテーションフォルトを起こしている。

  #2  Ray Strode (2015-11-13)

    ワーカープロキシーで破棄された不正なハンドラー呼んでるんじゃないかな。

   #3以降は、技術的な内容が続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション