kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Visual Studio Codeがオープンソースになりました

  「Visual Studio Code」がオープンソースになりました。



  「Visual Studio Code」のソースコードは、「GitHub」で公開されています。


  ライセンスは、「MIT License」です。
  ライセンスの詳細は、ソースコードに含まれる「LICENSE.txt」ファイルを参照してください。

  Visual Studio Codeをインストールするには

    Visual Studio Codeをインストールは、「Visual Studio Codeのインストール」を参考にしてください。

ソースコードをダウンロードする

  ソースコードのダウンロードは、zipアーカイブでダウンロードする方法と、「git」でダウンロードする方法があります。

  「git」でダウンロードする方法を紹介します。

  1.クローン

    「端末」を起動し、ソースコードをダウンロードするフォルダーにカレントディレクトリーを移動します。
    ここでは例として、「~/VisualStudioCode」にソースコードをダウンロードします。

    以下のコマンドを実行します。
   
git clone https://github.com/Microsoft/vscode.git


  2.クローン完了

    以下のように、ソースコードのダウンロードが行われます。


  3.vscodeフォルダーの確認

    「Nautilus」で「~/VisualStudioCode」フォルダーを開くと、以下のように「vscode」フォルダーが配置されています。


  4.ソースコードの確認

    「vscode」フォルダーを開くと、以下のように「Visual Studio Code」のソースコードがが配置されています。


ソースコードからVisual Studio Codeをビルドするには

  ソースコードからVisual Studio Codeをビルドするには、以下を参考にしてください。


  以下のソフトウェアを予めインストールしておく必要があります。

  • Node.JS 0.12以降
  • Python v2.7(デフォルトでインストール済み)
  • make
  • GCC

  ビルドとインストール

    ビルドとインストールは、以下のコマンドを「端末」から1行ずつ実行します。

    64bit版


git clone https://github.com/microsoft/vscode
cd vscode && npm install -g mocha gulp
./scripts/npm.sh install --arch=x64

    32bit版


git clone https://github.com/microsoft/vscode
cd vscode && npm install -g mocha gulp
./scripts/npm.sh install --arch=ia32


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション