kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

スキャンした画像の保存先

  スキャンした画像の保存先についてです。
  スキャンした画像の保存先は、「Filename」に表示されます。


  デフォルトでは上記のように「out.pnm」になっています。
  基準となるパスは「~/」なので、そのままスキャンすれば「~/out.pnm」にスキャンした画像が保存されます。


  保存先を変更したい場合、「Filename」に直接パスやファイル名を入力しても良いですが、保存先選択画面から指定することも可能です。

  PNM形式について

    スキャンした画像は、PNM(ortable aNyMap)形式で保存されます。
    見慣れない画像フォーマットですが、標準でインストールされる「画像ビューワー」や「GIMP」で開くことができます。


    他の画像形式に変換したい場合は、「画像ビューワー」等でファイルを開き、別の名前で保存するとよいでしょう。
    Ubuntuでは、多くの画像編集アプリで「PNM」形式の画像を読み込むことができます。

スキャンした画像の保存先を指定する

  スキャンした画像の保存先を指定します。
  ここでは保存先選択画面から画像の保存先を指定します。

  1.保存先選択画面の表示

    「Browse」ボタンをクリックします。


  2.保存先の選択

    以下の画面が表示されるので、保存先のフォルダーの選択とファイル名の指定を行います。
    設定したら「OK」ボタンをクリックします。


  3.保存先の変更完了

    以下のように保存先が変更されます。


スキャナーの設定を保存する

  色味の調整などスキャナーの設定を保存することができます。

  スキャナーの設定を保存すると、次回以降「XScanImage」起動時に自動的に設定が読み込まれ設定に反映されます。
  また、いつでも設定を読み込み設定を反映させることも可能です。

  設定の保存は1箇所のみですが、スキャナーごと(バックエンドが認識するスキャナーごと)に設定を保存することができます。

  1.設定を行う

    「Brightness」など色調整を行っておきます。


  2.設定の保存

    「Preferences」メニューを開き、「Save device settings」をクリックします。


    以上で完了です。

  設定の保存先について

    保存した設定は、「~/.sane/xscanimage」フォルダーに保存されます。
    ファイル名は「SANE」が認識するスキャナーの識別子です。


    設定をリセットしたい場合は、該当するファイルを削除すればよいです。

スキャナーの設定を読み込む

  保存した設定からスキャナーの設定を読み込みます。

  1.設定の読み込み

    「Preferences」メニューを開き、「Restore device settings」をクリックします。


  2.設定の読み込み完了

    以下のように読み込まれた設定が反映されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション