kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

プレビュースキャン

  プレビュースキャンは、「Scan Mode」等で行った色に関する設定を反映してスキャンを行います。
  ただし、「Scan resolution」の設定は反映されず、低解像度でのスキャンになります。

  プレビュースキャンは、スキャンする画像の位置が正しいか、色味は適当か確認する時に利用します。

  1.プレビューウィンドウを表示する

    プレビュースキャンはプレビューウィンドウから行います。
    プレビューウィンドウを表示するには、「Preview Window」ボタンをクリックします。


  2.プレビューウィンドウ

    以下のようにプレビューウィンドウが表示されます。


プレビュースキャンを行う

  プレビュースキャンを行います。

  1.プレビュースキャン開始

    画面左下の「Acquire Preview」ボタンをクリックします。


  2.スキャン中

    以下のようにスキャンが始まり、スキャンした画像が表示されていきます。


  3.スキャン完了

    以下のようにスキャンした画像が表示されます。


    横軸と縦軸の目盛りは「cm」です。
    この単位は変更することができます。

プレビュースキャンを中止する

  セットする画像を間違えた時や、色味が明らかにおかしい時は、プレビュースキャンを中止するとよいでしょう。

  1.プレビュースキャンの中止

    プレビュースキャン中に「Cancel Preview」ボタンをクリックします。


  2.中止完了

    以下のようにスキャンが停止します。


    また、以下のようにエラー画面が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。


    このエラー画面は、他のウィンドウの裏に表示されることがあります。
    この画面が表示されている間は一部のUIの操作が行えないため、もしアプリが反応しなくなった場合は、この画面が他のウィンドウの裏に表示されていないか確認してください。

本スキャンする範囲を指定する

  プレビュースキャンした後に、本スキャンする範囲を指定することができます。
  本スキャンする範囲を指定するには、以下のようにカーソルでクリックして起点を決め、ドラッグして範囲を決めます。


  本スキャンする範囲は、点線で表示されます。
  全体の本スキャンしたい場合は、スキャンした画像の適当な場所をクリックすれば良いです。

  本スキャンする範囲を指定しても、プレビュースキャンに影響はありません。
  プレビュースキャンでは常に全体がスキャンされます。

プレビューウィンドウの目盛りの単位を変更する

  プレビューウィンドウの目盛りの単位を変更する方法です。

  1.単位の選択

    「Preferences」メニューを開き、「Length unit」を選択します。
    以下のように単位の項目がサブメニューで表示されるので、目盛りの単位を選択します。


    メニューの表示について

      プレビューウィンドウがアクティブの状態でメニューを表示することはできません。
      メニューを表示する時は、一旦メインウィンドウをクリックしてメインウィンドウをアクティブにしてから、メニューの操作を行ってください。

  2.プレビューウィンドウの再表示

    目盛りの単位を変更したら、一旦プレビューウィンドウを閉じて再度表示します。


プレビューオプションを設定する

  プレビューオプションを設定します。

  プレビューオプション画面の表示

    プレビューオプションは、プレビューオプション画面から設定します。
    プレビューオプション画面を表示するには、「Preferences」メニューから「Preview options」をクリックします。


    メニューの表示について

      プレビューウィンドウがアクティブの状態でメニューを表示することはできません。
      メニューを表示する時は、一旦メインウィンドウをクリックしてメインウィンドウをアクティブにしてから、メニューの操作を行ってください。

プレビューオプション画面

 プレビューオプション画面です。
 

  Preserve preview image

    チェックをオンにすると、プレビュースキャンした画像を保持するようになります。
    プレビューウィンドウを表示する時に、以前プレビュースキャンした画像が表示されるようになります。
   

  Use private colormap

    この設定に意味はありません。

  Gamma correction value

    プレビュースキャンで適用するガンマ補正値を指定します。
    メインウィンドウの「Gamma Correction」も適用されるため、基本的にこの設定を変更する必要はありません。
    「1」のままで良いです。

    この設定を変更した場合、「XScanImage」を再起動する必要があります。

  警告画面について

    設定を変更すると、以下のように「XScanImage」の再起動を促す確認画面が表示されます。


    この画面が表示されている間は一部のUIの操作が行えないため、もしアプリが反応しなくなった場合は、この画面が他のウィンドウの裏に表示されていないか確認してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション