kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コピーのセットアップを行う

  セットアップ画面を開き「コピー」タブをクリックすると、コピーのセットアップを行うことができます。


プリンターとプリンターの設定について

  コピーでは、スキャンした画像をプリンターに出力し印刷を行います。

  「コピー」で行う設定は、プリンターという単位で設定を行います。
  プリンターには、スキャナーの設定と印刷に使用するプリンターの設定が含まれます。

  プリンターは複数作成することができます。
  コピー実行時に印刷に使用するプリンターを選択し、コピーを行います。

  プリンターオプションについて

    「コピー」で設定できないプリンターオプションや「コマンド」で指定しなかったプリンターオプションは、「プリンターオプション」の設定が適用されます

  印刷用の画像フォーマットについて

    スキャンした画像は、PostScriptファイルに保存されます。
    そのPostScriptファイルを印刷します。

プリンタ選択

  作成したプリンターの設定をメニューから選択します。
  ここで選択したプリンターの設定が表示されます。

名前

  プリンターの名称を入力します。
  ここで設定した名称が、プリンター名としてメニュー等に表示されます。

コマンド

  印刷を実行するコマンドを指定します。
  各種オプションを指定することもできます。

  デフォルトは、デフォルトに指定されているプリンターで印刷が行われます。

  印刷に使用するプリンターを指定したい場合は、「-d プリンター名」で指定します。
  プリンター名は、以下の赤枠内に表示されているプリンター名のことです。


  例えば、「Generic-CUPS-PDF-Printer」を指定したい場合、以下のような設定になります。

lp -d Generic-CUPS-PDF-Printer

番号オプションをコピー

  印刷部数を指定するオプションを指定します。
  「コマンド」で「lp」コマンドを指定している場合、「-n」を指定します。

Scan resolution

  スキャナーのスキャン解像度を指定します。

  lineart

    白黒2値でスキャンを行うときのスキャン解像度を「dpi」で指定します。

  grayscal

    グレースケールでスキャンを行うときのスキャン解像度を「dpi」で指定します。

  color

    カラーでスキャンを行うときのスキャン解像度を「dpi」で指定します。

Paper geometrie

  印刷を行う用紙の領域を指定します。

  少なくともプリンターが印刷を行える領域内に、指定する領域が収まっている必要があります。
  プリンターが印刷を行える領域は、プリンターの説明書を参考にしてください。

  width

    印刷可能領域の幅を「cm」で指定します。

  height

    印刷可能領域の高さを「cm」で指定します。

  left offset

    左側の余白を「cm」で指定します。

  bottom offset

    下端の余白を「cm」で指定します。

Printer gamma

  印刷時にガンマ補正を行います。
  メインウィンドウで設定しているガンマ補正の補正値に、さらにここで指定したガンマ補正の補正値をかけます。


  プリンターの特性を考慮した補正値を指定します。
  「1.00」を指定すると、「Printer gamma」による補正は行われません。

  common value

    ガンマ補正の補正値を指定します。

    補正値を「1.0」より大きくすると、中間色が明るくなります。
    補正値を「1.0」より小さくすると、中間色が暗くなります。

  red

    赤成分にかけるガンマ補正の補正値を指定します。

    補正値を「1.0」より大きくすると、中間色に位置する赤成分が増加します。
    補正値を「1.0」より小さくすると、中間色に位置する赤成分が減少します。

  green

    緑成分にかけるガンマ補正の補正値を指定します。

    補正値を「1.0」より大きくすると、中間色に位置する緑成分が増加します。
    補正値を「1.0」より小さくすると、中間色に位置する緑成分が減少します。

  blue

    青成分にかけるガンマ補正の補正値を指定します。

    補正値を「1.0」より大きくすると、中間色に位置する青成分が増加します。
    補正値を「1.0」より小さくすると、中間色に位置する青成分が減少します。

Printer ICM-profile

  プリンターのICCプロファイルを指定します。

  「ブラウズ」ボタンをクリックすると以下のファイル選択画面が表示されます。
  ICCプロファイルを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。


Embed scanner ICM profile as CSA

  PostScriptファイルにスキャナーのICCプロファイルをCSA(Color Space Array)として埋め込みます。
  PostScriptプリンターを使用している場合は、チェックをオンにするとよいでしょう。

  チェックをオンにすると、プリンター側で色変換を行います。
  チェックをオフにすると、「XSane」で色変換を行います。

Embed printer ICM profile as CRD

  PostScriptファイルにプリンターのICCプロファイルをCRD(Color Rendering Device)として埋め込みます。
  PostScriptプリンターを使用している場合は、自身の色空間を把握しているため、チェックをオフにしたほうが良いです。

  ソフトウェアによるラスタライズを行う場合は、変換先の色空間が不明なため、チェックをオンにすると良いでしょう。

  チェックをオフにすると、「XSane」で色変換を行います。

  補足

    「Embed scanner ICM profile as CSA」がオフになっている時は、「Embed printer ICM profile as CRD」は機能しません。
    その場合「XSane」で色変換を行います。

Apply black point compensation

  チェックをオンにすると、黒点の補正を有効にします。
  黒点の補正を行うと、輝度を元に色の補正を行います。

  黒に近い色の階調が潰れてしまう場合、チェックをオンにすると階調がつぶれにくくなります。
  ICCプロファイルや画像によっては、全体的に輝度が上がります。(明るくなる)

Create zlib compressed psotscript image (PS level 3) for printing

  チェックをオンにすると、画像データをzlibで圧縮しファイルサイズを小さくします。
  プリンター側で圧縮された画像データが展開できない場合は、チェックをオフにしてください。

「プリンタ追加」ボタン

  新規にプリンターを追加します。
  ボタンをクリックすると、「new printer」というプリンター名でプリンターが追加されます。

  必要な設定を行って、「適用」ボタンをクリックすれば設定が保存されます。

「プリンタ削除」ボタン

  「プリンタ選択」で選択されているプリンターを削除します。

「適用」ボタン

  「コピー」タブで行った設定を保存し、「XSane」に反映します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション