kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

スキャンモードを設定する

  プレビュースキャンや本スキャンを行う前に、スキャンモードの設定を行うとよいでしょう。


  Scan mode

    スキャンする画像の色数を、以下のメニューから選択します。
    選択した項目により、色補正の項目が変化します。


    Binary

      白黒2値で画像をスキャンします。
      主に文書やOCR用途で利用します。


    Gray

      グレースケール(モノクローム)で画像をスキャンします。


    Color

      フルカラーで画像をスキャンします。


Binary

  「Scan mode」で「Binary」を選択した時は、以下の項目が表示されます。


  Gamma Correction

    スキャンした画像にかけるガンマ補正の補正値を、以下のメニューから選択します。


    補正値を大きくすると、全体的に画像が明るくなります。
    その画像に対して2値化を行います。

  Scan resolution

    スキャナーの解像度を以下のメニューから選択します。


    解像度を高くするほど画質が上がりますが、スキャンに時間がかかるようになります。
    またファイルサイズも大きくなります。

  Threshold

    2値化する際に、黒と判定するしきい値を指定します。
    スライダーのつまみを右に移動するほど(数値を大きくするほど)、黒と判定される程度が大きくなります。

Gray/Color

  「Scan mode」で「Gray」もしくは「Color」を選択した時は、以下の項目が表示されます。


  Brightness

    明るさ補正の補正値を指定します。
    「0」を指定すると補正を行いません。

    スライダーのつまみを右に移動するほど(数値を大きくするほど)、スキャンした画像が明るくなります。
    スライダーのつまみを左に移動するほど(数値を小さくするほど)、スキャンした画像が暗くなります。
   
    スキャンした画像が暗い場合、「Brightness」で補正を行う前に、まず「Gamma Correction」で補正を行ってみてください。

  Contrast

    コントラスト補正の補正値を指定します。
    「0」を指定すると補正を行いません。

    スライダーのつまみを右に移動するほど(数値を大きくするほど)、白黒がはっきりした画像になります。
    スライダーのつまみを左に移動するほど(数値を小さくするほど)、白黒がぼやけた画像になります。

  Gamma Correction

    スキャンした画像にかけるガンマ補正の補正値を、以下のメニューから選択します。


    補正値を大きくすると、全体的に画像が明るくなります。

  Scan resolution

    スキャナーの解像度を以下のメニューから選択します。


    解像度を高くするほど画質が上がりますが、スキャンに時間がかかるようになります。
    またファイルサイズも大きくなります。

プレビュースキャンへの反映について

  「Scan Mode」で行った色調整の設定は、プレビュー済みの画像に対しては反映されません。

  色調整の設定を変更した後は、再度プレビュースキャンを行ってください。
  プレビュースキャン時に色調整の設定が反映されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション