kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

XScanImage

  「XScanImage」は、スキャナーから画像をスキャンするアプリです。


  ドキュメントフィーダーによる連続スキャンには向いていませんが、色調整が細かく行え、事前にプレビュースキャンで色味の確認を行うことができます。

  また「GIMP」にも対応しており、「GIMP」から「XScanImage」を利用することもできます。
  アプリ名は「xscanimage」です。

XScanImageのインストール

  「XScanImage」のインストールです。
 

   「インストール」ボタンをクリックします。

  補足

    「GIMP」もインストールされます。

XScanImageの起動

  「XScanImage」の起動です。
  「XScanImage」をインストールしても「XScanImage」のデスクトップエントリーファイルがインストールされないため、このままではDashなどのアプリケーションランチャーから「XScanImage」を起動することができません。

  ここではアプリケーションランチャーから「XScanImage」を起動できるように、デスクトップエントリーファイルを作成します。

  1.デスクトップエントリーファイルの作成

    「テキストエディター」を起動し、以下の内容をコピー&ペーストします。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Hidden=false
Terminal=false
Icon=scanner
Name=XScan Image
Exec=xscanimage


  2.デスクトップエントリーファイルの保存

    「~/.local/share/applications/xscanimage.desktop」に保存します。


    作業は以上で完了です。

  3.確認

    Dashホームを開き、以下のように「XScan Image」が表示されるか確認します。


    上記のように表示されればOKです。
    「XScan Image」をクリックして「XScanImage」を起動します。

  4.スキャナーの選択

    複数のスキャナーが接続されている場合は、以下のように使用するスキャナーを選択する画面が表示されます。


    「XScanImage」で使用するスキャナーを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

XScanImageのUI構成

  「XScanImage」のUI構成です。


  1.保存先ファイル名

    本スキャンを行うと、ここで指定したファイルにスキャンした画像が保存されます。

  2.スキャンモード

    色数やスキャナーの解像度、及び基本的な色補正を指定します。
    「スキャンモードを設定する」を参考にしてください。

  3.画像のサイズ

    本スキャンした時の画像のサイズを及び、画像ファイルの容量が表示されます。

  4.色調整

    各色要素ごと(Red(赤)、Green(緑)、Blue(青))に色調整を行います。
    トーンカーブですね。

    「GIMP」で言うところの「色レベルの調整」に相当します。

  5.本スキャン

    本スキャンを行います。
    「2.」や「4.」で行った色調整が反映されます。

    スキャンした画像は、「1.」に保存されます。

  6.プレビューウィンドウ

    プレビュースキャンを行うプレビューウィンドウを表示します。
    プレビュースキャンは、「2.」や「4.」で行った色調整が反映されます。

  補足

    スキャナー及びバックエンドが提供する機能により、表示されるメニュー項目や内容が異なります。
    ここでは「PX-A620」と「epkowa」バックエンドの組み合わせで、「XScanImage」を使用しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション