kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

テンプレートディレクトリーを指定して、リポジトリーを作成する

  「テンプレートディレクトリー」を指定して、リポジトリーを作成します。

オプションの説明

  「テンプレートディレクトリー」を指定するには、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--template= テンプレートディレクトリーのパス

  テンプレートディレクトリーのパス

    テンプレートディレクトリーのパスは、カレントディレクトリーからの相対パスか、絶対パスで指定します。

    パスに空白が含まれる場合など、必要に応じてテンプレートディレクトリーのパスを""で括って指定してください。

    例:--template="my  Template"

    常にパスを""で括って指定しても良いです。

テンプレートディレクトリーの指定例

  「テンプレートディレクトリー」の指定例です。

  1.テンプレートディレクトリー用のフォルダーの作成

    ここでは、自分で「テンプレートディレクトリー」を作成し、その「テンプレートディレクトリー」を指定します。

    「テンプレートディレクトリー」用のフォルダーを作成します。
    ここでは、「~/ドキュメント/git/myTemplate」にフォルダーを作成しました。


  2.Gitディレクトリーにコピーするファイルやフォルダーの用意

    「~/ドキュメント/git/myTemplate」フォルダー内に、「Gitディレクトリー」にコピーするファイルやフォルダーを配置します。


  3.コマンドの実行

    リポジトリーを作成します。
    コマンドの説明は、「リポジトリーを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ここでは、以下のコマンドを実行します。
    ポイントは赤字の箇所です。

git init --template=myTemplate myProject


  4.Gitディレクトリーの確認

    「Gitディレクトリー」を確認すると、以下のように「テンプレートディレクトリー」内のファイルやフォルダーがコピーされています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション