kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

USB HDDにUbuntuをインストール

  USB HDDにUbuntuをインストールします。
  USB HDDにUbuntuをインストールすると、複数のPCでUbuntuを使い回せて便利です。

  今回はUbuntuのインストールにVirtualBoxを利用します。
  VirtualBoxを利用すれば実PCのディスクに影響を与えることなくインストールできるので、
  安全にインストールできます。

  事前準備

    以下のものを用意しておきます。
  • VirtualBox
  • USB HDD
  • Ubuntuのディスクイメージ

  1.仮想マシンの作成

    Ubuntuをディスクイメージから起動するための仮想マシンを作成します。
    仮想HDDにはインストールしないので、小容量でOKです。

    すでにUbuntuをインストールした仮想マシンがあるなら、そちらを利用しても良いです。

  2.Ubuntuをディスクイメージから起動

    Ubuntuをディスクイメージ(Liveメディア)から起動します。
    起動したらUSB HDDを仮想マシンに接続します。


  3.UbuntuをUSB HDDにインストール

    UbuntuをUSB HDDにインストールします。
    通常のインストール方法と変わりません。


  以上で完了です。

  PCに接続してUSB HDDからUbuntuを起動してみてください。

  各PCでRadeon/nVidiaのプロプライエタリドライバーをインストールして
  使いまわして見ましたが問題なく利用できました。

  またリカバリーモードから「grub」を選択しブートメニューを更新すると、
  接続したPCのHDDからインストール済みのOSを検出し、ブートメニューを再構築できます。

  Windowsをインストール済みのPCならUSB HDDのUbuntuのブートメニューから
  Windowsが起動できるようになります。

  既存のブートローダーには影響を与えないため、
  USB HDDを取り外すと従来通りの起動になります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション