kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

dconfコマンド

  dconfコマンドはdconfデータベースを操作するコマンドです。
  dconfエディターをインストールするとdconfコマンドもインストールされます。

  dconfコマンドの使い方

    dconfコマンドは以下の形式で利用します。

      dconf 操作コマンド 操作内容

    操作コマンドで操作種類を指定し、操作内容で具体的な操作内容を指定します。

操作コマンド

  dconfコマンドの操作コマンドです。

  helpコマンド

    操作コマンドの使い方や一覧を表示します。
    残念ながらmanやinfoに対応していないため、この操作コマンドでヘルプを表示する必要があります。

    dconf help

      操作コマンドの一覧を表示します。


    dconf help 操作コマンド

      操作コマンドの一覧を表示します。


  readコマンド

    指定されたキーの値を表示します。

    dconf read キーのフルパス


  listコマンド

    指定されたパス以下の値が変更されたキーの一覧を表示します。
    キーのフルパスの最後に「/」を付ける必要があります。

    dconf lits キーのフルパス


    キー名の後ろに「/」が付くキーはサブキーです。

  writeコマンド

    指定されたキーの値を設定します。
    値はGVariant Text formatで記述する必要があります。

    dconf write キーのフルパス 値


    いくつか記述例を紹介します。
    キーは適当に「/test/sample/key」とします。

    理論値

      dconf write /test/sample/key false

    文字列

      dconf write /test/sample/key "'文字列'"

    数値

      dconf write /test/sample/key 6

    文字列の配列

      dconf write /test/sample/key "['文字列1','文字列2']"

    数値の配列

      dconf write /test/sample/key [1,3]


    他にも値の型はたくさんあり、また各値を修飾するキーワードもあります。

  resetコマンド

    指定したキーか指定したキー内の全ての値をデフォルト値に戻します。

    指定したキーの値をデフォルト値に戻す

      dconf reset キーのフルパス



    指定したキー以下の全ての値をデフォルト値に戻す

      サブキー以下全てが対象になります。
      キーのフルパスの最後に「/」を付ける必要があります。

      dconf reset -f キーのフルパス


  updateコマンド

    指定されたキー以下のデータをシステム用のデータベースに反映します。
    このコマンドを利用する機会は殆ど無いと思います。

    sudo dconf update /apps/onboard


  watchコマンド

    指定したキーか指定したキー内の全ての値の変更を監視します。
    監視を終了したい時は「Ctrl + C」キーを押します。

    指定したキーの値を監視する

      dconf watch キーのフルパス

 

    指定したキー以下の全ての値を監視する

      サブキー以下全てが対象になります。
      キーのフルパスの最後に「/」を付ける必要があります。

      dconf watch キーのフルパス


  dumpコマンド

    指定されたキー以下のデータをテキスト形式で標準出力に表示します。
    サブキー以下全てが対象になりますが、値が変更されたキーのみが対象になります。
    キーのフルパスの最後に「/」を付ける必要があります。

    dconf dump キーのフルパス


    ファイルに保存したい場合は、以下のようにします。
    (既存のファイルを上書きする場合)dconf dump キーのフルパス > ファイル名
    (既存のファイルに追記する場合)dconf dump キーのフルパス >> ファイル名

    既存のファイルがない場合は、どちらも同じ結果になります。


    保存したファイルは、テキストエディターで開くことができます。


  loadコマンド

    dumpコマンドの逆です。
    指定されたキー以下の値を標準入力から読み込み値を書き換えます。
    フォーマットはdumpコマンドで表示されるフォーマットと同じです。

    dconf load キーのフルパス データ

    ファイルから読み込む場合は、以下のようにします。

    dconf load キーのフルパス < ファイル名


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション