kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

物理ボリュームのサイズ

  物理ボリュームのサイズとは、アレイを構成する物理ボリュームのサイズのことです。
  アレイを作成する際、使用する物理ボリュームのサイズを指定することができます。


  例えば3TiBのHDD全体を使用してアレイを作成する際、3TiBのうち各物理ボリュームから1TiBだけ使用してアレイを作成することができます。

  対象となるアレイの種類

    ここでの内容は、以下のアレイの種類が対象になります。

  • RAID 1
  • RAID 4
  • RAID 5
  • RAID 6
  • RAID 10

主な用途

  アレイ作成時に物理ボリュームのサイズを指定しなかった場合、「MDドライバー」は指定された物理ボリュームから、可能な限り最大限の容量を使用します。

  その場合、スペアディスクの追加やフォルティーディスクの置き換え時に、既存のアレイを構成する物理ボリュームの容量と同等か大きい容量の物理ボリュームを使用する必要があります。

  RAID 1の例

    例えば「RAID 1」アレイが1TiBのHDD2台で作成されているとします。
    既存の物理ボリュームを新しい物理ボリュームに置き換える際、1TiB以上の容量を持つ物理ボリュームでなければなりません。

    新しい物理ボリュームが既存の物理ボリュームよりも1バイトでも容量が少ない場合、新しい物理ボリュームに置き換えることはできません。

  何が困るのか

    新しい物理ボリュームを用意する際、HDDの容量に気を使わなければならないということです。
    1TBとして販売されているHDDが、1TiBなのか1TBなのか、実際に何バイトあるのか、必要な容量は何バイト以上なのか、事前に確認が必要です。

    アレイに障害が発生し新しいHDDを購入したが、アレイは1TiBの物理ボリュームで作成されており、購入したHDDは1TBの容量しかなく、アレイに使用できなかったというケースが考えられます。

    1TiBと1TBの差は、約93GiBです。

  そこで

    予めそのような状況が予想できるのであれば、それを見越して実際の物理ボリュームの容量よりも小さいサイズでアレイを作成すると良いでしょう。
    各物理ボリュームでどれくらいの容量をアレイに使用するのか、ユーザーが指定することができます。

    どの程度のサイズが最適かは、アレイの使い方(運用方法)によるでの、ユーザーが各自判断することになります。

  パーティションでアレイを作成する時は

    パーティションでアレイを作成する時は、事前にパーティションのサイズを調整することで、物理ボリュームで使用する容量を決めることができます。

    例えば、1TBでパーティションを作成しアレイを作成しておけば、新たに用意した1TiBのHDDでも同様に1TBでパーティションを作成し、アレイに加えることができます。

    この場合、アレイ作成時に別途物理ボリュームのサイズを指定する必要はありません。
    物理ボリュームのサイズの指定を、パーティションのサイズで指定しているということになります。

  補足

    1TB = 1012バイト = 1,000,000,000,000バイト
    1TiB = 240バイト = 1,099,511,627,776バイト

    1TiB - 1TB = 99,511,627,776バイト = 92.677425385GiB

    およそ1割の差がある。

物理ボリュームのサイズを指定するときの注意事項

  物理ボリュームのサイズを指定する時、いくつか注意事項があります。


  メタデータの領域は含まれない

    アレイ作成時に物理ボリュームのサイズを指定する際、メタデータのサイズが含まれていません。

    従って物理ボリュームの容量と同じサイズを指定してしまうと、メタデータを保存する領域が確保できなくなります。
    最低でも128KiBの容量は残しておく必要があります。

    例えば物理ボリュームの容量が1MiBだとしたら、指定できるサイズの最大値は896KiB(1024KiB - 128KiB)になります。

    余裕をもたせたサイズを指定するようにしましょう。

  指定できるサイズ(RAID 4/5/6)

    指定できるサイズには制限があります。
    必ずチャンクサイズの倍数でなければなりません。

    「RAID 1」にはチャンクサイズが無いため、気にしなくてよいです。

  アレイ作成時の警告について

    物理ボリュームのサイズを指定すると、「MDドライバー」は指定された各物理ボリュームの容量をチェックします。

    もし指定されたサイズよりも各物理ボリュームの実際の容量が1%以上大きい場合は、以下のような警告を表示します。


mdadm: largest drive (/dev/sdd2) exceeds size (10240K) by more than 1%

    警告と言っても通知や情報レベルの内容なので、承知しているなら気にしなくてよいです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション