kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Nautilus Filename Repairer

  「Nautilus Filename Repairer」は無効な文字コードでエンコードされているファイル名を、有効なファイル名に修復するソフトウェアです。

  「Nautilus」の機能を拡張するソフトウェアなので、「Nautilus」と連携して使用します。


  文字コードとエンコード

    Ubuntuのファイルシステムである「ext4」では、ファイル名の文字コードに「UTF-8」を採用しています。

    ファイルシステムからみると文字コードは何でもよく、ただのデータに過ぎません。
    ファイルシステムにファイル名を記録する際、ファイル名を「UTF-8」にエンコードしてファイルシステムに保存します。
    ファイル名を読み込む時は、ファイルシステムからファイル名に相当するデータを読み込み、このデータを「UTF-8」にデコードします。

    これはファイルシステムやアプリなど一連のソフトウェアが、「UTF-8」でデータのやり取りを行うというルールのもとで成り立つものです。

  無効なエンコーディング

    しかし、「UTF-8」とは異なる文字コードである「Shift_JIS(CP 932)」や「EUC-JP」でエンコードされているアーカイブをそのまま展開すると、「UTF-8」では表現できない文字コードを使用し、ファイル名をファイルシステムに保存してしまうことがあります。

    この時、そのファイル名は「UTF-8」でデコードできなくなるため、アプリでは正しいファイル名を表示できなくなります。
    「Nautilus」では以下のように「無効なエンコーディング」と表示されます。
  

  正しい文字コードに修復する

    「Nautilus Filename Repairer」では「UTF-8」で表現できない文字コードが使用されているファイル名を、「UTF-8」の文字コードに修復してくれます。

    ユーザーは、その無効なファイル名に使用されている文字コードを指定する必要がありますが、事前にどのようなファイル名になるのか確認することができます。


  URLデコードも可能

    「Nautilus Filename Repairer」では上記の文字コードの変換に加え、URLデコードも可能です。
    例えばインターネットからダウンロードしたファイルのファイル名が、以下のようにURLエンコードされたファイル名だったとします。

    「%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%A4%A9%E6%B0%97%E3%81%AF%E6%99%B4%E3%82%8C.txt」


   このURLエンコードされたファイル名をURLデコードし、本来のファイル名である「今日の天気は晴れ.txt」に変換することも可能です。


Nautilus Filename Repairerのインストール

  「Nautilus Filename Repairer」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「nautilus-filename-repairer」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

Nautilus Filename Repairerの機能

  上記でいくつか「Nautilus Filename Repairer」の機能を紹介しましたが、「Nautilus Filename Repairer」の機能を大別すると、以下のようになります。

  • ファイル名修復画面からファイル名を修復する
  • コンテキストメニューからファイル名を修復する
  • 指定されたフォルダー内(サブフォルダー含む)のファイルのファイル名を修復する
  • URLエンコードされたファイル名をURLデコードする


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション