kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

保存する画像の範囲を指定する

  保存する画像の範囲を指定することができます。
  範囲を指定はページごとに設定することができます。

  範囲の指定方法には、以下の2種類があります。

  • 定形サイズで範囲を指定する
  • 任意のサイズで範囲を指定する

定形サイズで範囲を指定する

  定形サイズで範囲を指定します。

  1.ページの選択

    範囲を指定したいページをクリックして選択します。


  2.範囲の選択

    「ページ」メニューを開き「切り抜き」のサブメニューから、範囲に指定したい定形サイズクリックします。 


    もしくは、選択したページを右クリックして表示されるメニューから、「切り抜き」のサブメニューを選択し、範囲に指定したい定形サイズクリックします。 


  3.範囲の指定

    以下のように範囲が表示されます。


    範囲をドラッグ&ドロップすることで、範囲を移動することができます。
    この範囲で指定された箇所が、ページの保存範囲になります。


    ただし、範囲のサイズを変更することはできません。
    範囲のサイズを変更したい場合は、後述の「任意のサイズで範囲を指定する」を参考にしてください。

任意のサイズで範囲を指定する

  任意のサイズで範囲を指定します。

  1.ページの選択

    範囲を指定したいページをクリックして選択します。


  2.範囲の選択

    「ページ」メニューを開き「切り抜き」のサブメニューから、「カスタム」をクリックします。 



    もしくは、選択したページを右クリックして表示されるメニューから、「切り抜き」のサブメニューを選択し、「カスタム」をクリックします。 


  3.範囲の指定

    以下のように範囲が表示されます。


    範囲をドラッグ&ドロップすることで、範囲を移動することができます。
    また範囲の端にカーソルを移動すれば、範囲のサイズを変更することができます。


    この範囲で指定された箇所が、ページの保存範囲になります。

範囲を回転する

  設定した範囲を回転します。

  1.ページの選択

    範囲を回転したいページをクリックして選択します。
    すでに範囲が指定済みのページに限ります。


  2.切り抜きの回転

    「ページ」メニューを開き「切り抜き」のサブメニューから、「切り抜きを回転」をクリックします。 


    もしくは、選択したページを右クリックして表示されるメニューから、「切り抜き」のサブメニューを選択し、「切り抜きを回転」をクリックします。


  3.切り抜きの回転完了

    以下のように範囲が90°回転します。


範囲を削除する

  指定した範囲を削除します。

  1.ページの選択

    範囲を削除したいページをクリックして選択します。
    すでに範囲が指定済みのページに限ります。


  2.切り抜きの回転

    「ページ」メニューを開き「切り抜き」のサブメニューから、「なし」をクリックします。 


    もしくは、選択したページを右クリックして表示されるメニューから、「切り抜き」のサブメニューを選択し、「なし」をクリックします。


    ツールバーから「切り抜き」ボタンをクリックしても良いです。


  3.範囲の削除完了

    以下のように指定した範囲が削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション