kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Eye of GNOME

  「Eye of GNOME」は画像ビューワーです。


  アプリ名は「eog」です。

  「Eye of GNOME」はUbuntuに標準でインストールされており、利用する機会が多いかと思います。
    Ubuntuでは、「画像ビューアー」と表示されます。

  「Eye of GNOME」は画像の表示だけでなく、画像の回転やフォルダー内の画像ファイルのサムネイル表示、複数の画像ファイルの画像フォーマットの変換など様々な機能を提供しています。
  またプラグインに対応しており、プラグインによる機能拡張が可能です。

  写真や画像の管理は「Shotwell」で行い、管理や整理されていない画像の表示は「Eye of GNOME」で行うなど、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

Eye of GNOMEのインストール

  「Eye of GNOME」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「eog」で検索します。


Eye of GNOMEの起動

  「Eye of GNOME」の起動です。
  Dashホームから以下のように起動します。


  多くの場合「Nautilus」から「Eye of GNOME」を起動することがほとんどだと思います。
  画像ファイルはデフォルトで「Eye of GNOME」に関連付けられています。


  「Nautilus」で画像ファイルをダブルクリックすれば「Eye of GNOME」が起動し、画像が表示されます。 

Eye of GNOMEのUI構成

  「Eye of GNOME」のUI構成です。


  1.ツールバー

    表示する画像の変更や表示倍率の変更、画像の回転等を行うボタンが並びます。
    ツールバーは「表示」メニューを開き「ツールバー」をクリックすれば、表示・非表示を切り換えることができます。


  2.画像ビュー

    画像です。

  3.ステータスバー

    表示している画像の情報が表示されます。
    以下の情報が表示されます。

  • 画像のサイズ(幅×高さ)
  • 画像ファイルのサイズ
  • 現在の表示倍率
  • 表示している画像の番号

    ステータスバーは「表示」メニューを開き「ステータスバー」をクリックすれば、表示・非表示を切り換えることができます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション