kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

プッシュをミラーするリモートリポジトリーをローカルリポジトリーに追加する

  pushをミラーする「リモートリポジトリー」を「ローカルリポジトリー」に追加します。

  pushをミラーするため、「リモートリポジトリー」の参照は、「ローカルリポジトリー」の参照で上書きされます。
  参照とは、ブランチやタグのことです。

  この時、「リモートリポジトリー」で行われた独自のコミット(スナップショット)は、上書きにより失われます。

  1.リモートリポジトリーの確認

    現在「ローカルリポジトリー」登録されている「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプションオプションの値
--mirror=push

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「ローカルリポジトリーにリモートリポジトリーを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git remote add --mirror=push myAnotherProject git://192.168.56.1/myAnotherProject


  3.コマンドの実行結果

    特にメッセージは表示されません。


    これ以降ユーザーが追加した「リモートリポジトリー」に対して行うpushは、ミラーによるpushになります。

  4.リモートリポジトリーの確認

    「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のように指定した「リモートリポジトリー」が「ローカルリポジトリー」に追加されています。


  5.リモートリポジトリーの情報

    追加した「リモートリポジトリー」の詳細を表示すると、「Local refs will be mirrored by 'git push'」と表示されています。


    「refs」とは、「references」の略で、参照のことです。
    参照とは、Gitオブジェクト(主にコミットオブジェクト)を参照するブランチやタグのことです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション