kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートリポジトリーのURLを追加するコマンドの説明

  「git remote」コマンドは、「ローカルリポジトリー」に登録している「リモートリポジトリー」のURLを追加することができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git remote set-url --add <オプション> <リモートリポジトリー名> <追加するURL>

  オプション(--push)

    push用のリモートリポジトリーのURLのみ追加するオプションです。

  リモートリポジトリー名

    「リモートリポジトリー」のURLを変更するリモートリポジトリー名を指定します。

  追加するURL

    追加する「リモートリポジトリー」のURLを指定します。

リモートリポジトリーのURLを追加する

  リモートリポジトリーのURLを追加します。
  ここでは例として、「origin」リモートリポジトリーに「git://192.168.56.1/myAnotherProject」を追加します。

  1.リモートリポジトリーの確認

    「origin」リモートリポジトリーの情報を確認すると、以下のようになっています。


    configの記述は、以下のようになっています。

[remote "origin"]
    url = git://192.168.56.1/mySharedProject
    fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

  2.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git remote set-url --add origin git://192.168.56.1/myAnotherProject


  3.コマンドの実行結果

    問題なければ、特にメッセージは表示されません。


  4.リモートリポジトリーの確認

    「origin」リモートリポジトリーの情報を確認すると、以下のようになっています。


    configの記述は、以下のようになっています。

[remote "origin"]
    url = git://192.168.56.1/mySharedProject
    fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
    url = git://192.168.56.1/myAnotherProject

プッシュ用のリモートリポジトリーのURLのみ追加する

  push用のリモートリポジトリーのURLのみ追加します。
  ここでは例として、「origin」リモートリポジトリーに「git://192.168.56.1/myAnotherProject」を追加します。

  1.リモートリポジトリーの確認

    「origin」リモートリポジトリーの情報を確認すると、以下のようになっています。


    configの記述は、以下のようになっています。

[remote "origin"]
    url = git://192.168.56.1/mySharedProject
    fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--push

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git remote set-url --add --push origin git://192.168.56.1/myAnotherProject


  3.コマンドの実行結果

    問題なければ、特にメッセージは表示されません。


  4.リモートリポジトリーの確認

    「origin」リモートリポジトリーの情報を確認すると、以下のようになっています。


    configの記述は、以下のようになっています。

[remote "origin"]
    url = git://192.168.56.1/mySharedProject
    fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
    pushurl = git://192.168.56.1/myAnotherProject


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション