kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Masna

  「Masna」は、Nautilusスクリプトを管理するアプリです。


  すでにインストールされているNautilusスクリプトの一覧表示や、Nautilusスクリプトの有効・無効を切り替えることができます。

  Nautilusスクリプト

    Nautilusスクリプトは、Nautilusから利用できるスクリプトのことです。
    ファイルを右クリックして表示されるメニューの「スクリプト」を選択すると、以下のように有効になっているスクリプトが表示されます。


Masnaのインストール

  「Masna」のインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:diesch/testing

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「masna」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

Masnaの起動

  「Masna」の起動です。
  Dashホームから以下のように起動します。


MasnaのUI構成

  「Masna」のUI構成です。


  1.「更新」ボタン

    Nautilusスクリプト一覧を更新します。

  2.「設定」ボタン

    「Masna」の設定画面を開きます。

  3.「終了」ボタン

    「Masna」を終了します。

  4.Active

    チェックがオンになっている項目は、現在有効になっているNautilusスクリプトです。
    チェックボックスをクリックすれば、Nautilusスクリプトの有効・無効を切り替えることができます。

  5.Name

    Nautilusスクリプトの名称が表示されます。

Masnaの設定画面

  「Masna」の設定画面です。


  Guess user script folder

    「オン」にすれば、Nautilusスクリプトを配置するフォルダーを自動的に検出します。
    「オフ」にした場合は、「User script folder」にフォルダーを指定してください。

    この設定は「オン」のままで良いです。

  User script folder

    Nautilusスクリプトを配置するフォルダーを指定します。
    自分でフォルダーを指定する場合は、「Guess user script folder」をオフにしてください。

    デフォルトでは、「~/.local/share/nautilus/scripts」フォルダーが設定されます。


    「Select」ボタンをクリックすれば、以下のようにフォルダー選択画面が表示されるので、フォルダーを選択して「開く」ボタンをクリックします。


  Script repository folder

    全ユーザー共通のNautilusスクリプトを配置するフォルダーを指定します。
    デフォルトでは、「/usr/share/nautilus-scripts」フォルダーが設定されます。


    「Select」ボタンをクリックすれば、以下のようにフォルダー選択画面が表示されるので、フォルダーを選択して「開く」ボタンをクリックします。


  補足

    Ubuntuでは、フォルダーの設定を変更する必要はありません。

Nautilusを再起動する

  Nautilusスクリプトの有効・無効を切り替えると、即座に「Nautilus」に反映されます。

  もし、Nautilusスクリプトの切り替えが「Nautilus」に反映されない場合は、「Nautilus」を再起動してみると良いでしょう。

  「Nautilus」は、ユーザーがログインした時に自動的に起動し常駐するため、「Nautilus」のウィンドウをすべて閉じただけでは、「Nautilus」は終了しません。

  「Masna」では、常駐している「Nautilus」を再起動する機能を提供しています。

  1.Nautilusの再起動

    「File」メニューを開き、「Restart Nautils」をクリックします。


  2.再起動完了

    「Nautilus」が再起動します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション