kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Aquaris M10 Ubuntuエディション タブレット

  ヨーロッパのパートナーであるBQから、Aquaris M10 Ubuntuエディションが発売されます。
  初のUbuntuタブレットです。


  UbuntuはPCやスマフォなど様々な分野に進出していますが、Ubuntuはモバイルデバイスから真のデスクトップ環境を利用できる唯一のプラットフォームになりました。

  これは、Ubuntu TabletをデスクトップPCとしても利用できるということです。

  長く抱き続けてきた構想が実現

    Canonicalは長い間、ある構想を持ち続けていました。
    それは、1つのデバイスでモバイル環境とデスクトップ環境を提供することです。
    この構想は、以前紹介した「Ubuntu Edge」に見て取れます。

    今日、モバイルデバイス(スマフォやタブレット)の性能は、デスクトップPCとして利用できるぐらい性能が向上していますが、モバイルとしての使い方とデスクトップとしての使い方は大きく異なっています。

    モバイルのUIをそのままデスクトップ環境に持ち込むと、使いづらいインターフェースになってしまいます。
    例えばデスクトップ環境において、常に1つのアプリが全画面表示され、しかもフリック入力で文章を入力したいと思うユーザーは皆無でしょう。

    逆もまた然りです。

    これは、デスクトップとモバイルでは、ユーザーが直接接する出力デバイス及び入力デバイスの性質が大きく異なっているためで、それぞれのデバイスの性質に最適化されたインターフェースを提供する必要があります。

    出力デバイスの最たる例は、モニターです。
    物理的な大きさが異なるため、モバイルではマルチウィンドウでアプリのウィンドウを複数表示するよりも、全画面で1つのアプリのウィンドウを全面表示したほうが使いやすいでしょう。

    入力デバイスの最たる例は、マウスやキーボード、及びタッチ入力です。
    80インチのタッチディスプレイでフリック入力とか、ちょっとした運動です。
    キーボードで文章を入力したほうが早いでしょう。

  ついに製品化

    この構想を実現した製品が、「Aquaris M10 Ubuntuエディション」です。
    この製品は最新のUbuntuのソフトウェアと共に出荷され、完全なタブレット端末としても、完全なデスクトップPCとしても利用できます。

Ubuntu Tabletの特徴

  「Ubuntu Tablet」の特徴です。

  数百のスコープと数百のアプリ

    「Ubuntu Tablet」では、コンテンツやサービスへのアクセスをスコープを通して行うことができます。

    この仕組みは、Ubuntu Phoneでも採用している仕組みです。
    数百のスコープとアプリが「Ubuntu App Store」から利用できます。

  サイドステージで異なるアプリを表示

    「サイドステージ」という機能を提供しており、同じ画面に異なる2種類のアプリを表示することができます。


    これらのアプリは直感的に操作できるよう最適化されています。

  他にも多くの特徴がある


  • 円滑なマルチタスクとウィンドウ管理
  • 可動性と生産性のために、完全なデスクトップアプリとシンクライアントのサポート
  • デスクトップ通知と統合されたサービス
  • 容易なアプリケーション管理
  • 簡潔なファイルブラウジングとファイルやフォルダーの作成と管理
  • タッチ操作にもマウス操作にも対応したレスポンシブルなアプリ
  • 必要なら、OSのコアな部分にも広範囲にアクセスでき、制御もできる
  • デスクトップから、電話機能やメッセージ機能にアクセスできる
  • 全てのセキュリティー、アップデート、そして安定性は、世界中のUbuntuユーザーに認められている

Aquaris M10 Ubuntuエディションの特徴

  「Aquaris M10 Ubuntuエディション」は、Ubuntuを搭載した初めてのタブレットであり、また、デスクトップとモバイルを統合した初めてのタブレットでもあります。

  完全なデスクトップPCとして利用できる

    マウスとキーボードを接続すれば、完全なデスクトップPCとして利用できます。
    マウスとキーボードの接続は、Bluetoothで接続します。


    デスクトップ用のアプリが全て利用できます。
   (上記画像の左側のランチャーにGIMPのアイコンが見えます。)
    FirefoxにDropbox、LibreOfficeなど、デスクトップでお馴染みのアプリが利用できます。

   タブレットを外部モニターにケーブルで接続すれば、モニターで作業ができます。


  インターフェースが変化する

    タブレットとして利用している時は、タブレット用のインタフェースが表示されます。(タブレットモード)


    マウスとキーボードを接続してデスクトップPCとして利用している時は、デスクトップ用のインタフェースが表示されます。(デスクトップモード)


  Aquaris M10 Ubuntuエディションのスペック

    「Aquaris M10 Ubuntuエディション」のスペックです。

項目 仕様
ディスプレイ フルHD 10.1インチ マルチタッチスクリーン
(Dragontrail Asahi Protection)
CPU MediaTek Quad Core MT8163A 1.5GHz
メモリー 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ Micro SDスロット搭載(最大64GB)
バッテリー リチウムポリマーバッテリー(7280mAh)
カメラ フルHD(1080p)ビデオカメラ
オートフォーカス・デュアルフラッシュ付き12メガピクセルカメラ
スピーカー 正面スピーカー
HDMI マイクロHDMI接続用スロット
大きさ 246 x 171 x 8.2mm
重さ 470g

  Aquaris M10 Ubuntuエディションの発売時期

    「Aquaris M10 Ubuntuエディション」の発売時期は、2016年第二四半期(7月〜9月)です。
    「BQ’s online store」でお買い求め頂けます、とのことです。

   参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション