kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Flashプレーヤープラグインをインストールするには(2016年4月版)

  紆余曲折ありましたが、Firefox及びChromium系のブラウザーでFlashプレーヤープラグインをインストールする方法が変更になりました。


  インストールされるプラグインの種類

    ここで紹介する方法でFlashプレーヤープラグインをインストールすると、以下の2種類のFlashプレーヤープラグインがインストールされます。

  • PPAPI版Flashプレーヤープラグイン
  • NPAPI版Flashプレーヤープラグイン

  対象になるブラウザー

    以下のブラウザーでFlashプレーヤープラグインが利用できます。

  • Firefox
  • Chromium
  • Opera
  • その他Chromium系のブラウザー(Google Chrome除く)

    「Google Chrome」はPPAPI版Flashプレーヤープラグインを内蔵しているため、特に何もしなくてもFlashプレーヤープラグインが利用できます。

Flashプレーヤープラグインのインストール

  Flashプレーヤープラグインのインストール方法です。

  1.リポジトリーの確認

   「システム設定」の「ソフトウェアとアップデート」を開き、「他のソフトウェア」タブをクリックします。
    リポジトリーの一覧の中に「Canonical パートナー」があるので、チェックをオンにします。


    パスワード入力画面が表示されたら、自分のパスワードを入力してください。

  2.パッケージインデックスファイルの更新

    「閉じる」ボタンをクリックすると以下の画面が表示されるので、「再読込」ボタンをクリックします。


  3.Flashプレーヤープラグインのインストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「adobe-flashplugin」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。
    環境によっては以下の画面が表示されますが、「とにかくインストール」ボタンをクリックしてインストールを続行します。


    以上でインストールは完了です。
    ブラウザーを再起動するか、ログインし直してください。

  4.確認

    「Flash Player」のページをブラウザーで開き、以下のようにFlashプレーヤープラグインのバージョンが表示されるか確認してください。


Flashプレーヤーの設定(NPAPI版)

   NPAPI版Flashプレーヤープラグインの設定は、「Adobe Flash Player環境設定」から変更することができます。

  1.Adobe Flash Player環境設定の起動

    Dashホームから以下のように「Adobe Flash Player環境設定」を検索し起動します。


  2.設定画面

    以下のように、Flashプレーヤープラグインの設定画面が表示されます。


    設定内容については、「設定マネージャ」を参照してください。

Flashプレーヤーの設定(NPAPI版/PPAPI版)

  Web版の設定マネージャを利用すると、NPAPI版/PPAPI版Flashプレーヤープラグインの設定を変更することができます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション