kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu Budgie 16.10の開発に向けて

「budgie-remix」は「Ubuntu Budgie 16.10」に向けて開発が行われています。
この開発の一環としてスプラッシュスクリーンの変更と、ようこそ画面の提供が検討されています。

スプラッシュスクリーン

スプラッシュスクリーンは、「Ubuntu Budgie」の起動時に表示される画面です。
ブートの状況を表示します。
スプラッシュスクリーンが、以下のデザインに変更されます。


スプラッシュスクリーンは、初めて「Ubuntu Budgie」を利用するユーザーの第一印象を与える画面です。

開発チームは先月からスプラッシュスクリーンの作成に着手しており、「Ubuntu MATE」のスプラッシュスクリーンをベースに「Ubuntu Budgie」のスプラッシュスクリーンを作成しています。


ようこそ画面

ようこそ画面は、「Ubuntu Budgie」にログインした時に表示される画面です。
ようこそ画面は、初めて「Ubuntu Budgie」を使用するユーザーに向けた機能を提供します。


ようこそ画面は、準備ができ次第リリース済みの「budgie-remix 16.04」にも採用されます。
「Ubuntu」同様7月に「budgie-remix 16.04.1」のリリースが予定されており、そのタイミングでようこそ画面が「budgie-remix 16.04」にも採用されるとのことです。

「Ubuntu MATE」でも同様にようこそ画面を提供していますが、「Ubuntu Budgie」でも似たような機能を提供します。


budgie-remix 16.04.1で致命的なバグも修正される予定

budgie-remix 16.04」で発生している英語環境以外でインストールするとインストーラーがクラッシュする不具合や、ホームフォルダーの暗号化を有効してインストールするとフリーズする不具合も「budgie-remix 16.04.1」で修正される予定です。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション