kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntuソフトウェアセンター

すでに紹介した通り、「Ubuntu 16.04」では「Ubuntuソフトウェアセンター」が廃止され、代わりに「Ubuntuソフトウェア」がインストールされています。


アプリのインストールに焦点を当てている

「Ubuntuソフトウェア」は、アプリのインストールに焦点を当てており、アプリ以外のパッケージは「Ubuntuソフトウェア」からインストールすることができません。
アプリのアンインストールも同様です。

テーマやライブラリー、プラグインのインストールなど、アプリとして認識されないパッケージは、「Ubuntuソフトウェア」からインストール等の操作を行うことができません。

例えば、「gedit」のプラグイン集である「gedit-plugins」を「Ubuntuソフトウェア」で検索しても、以下のように検索にヒットしません。


Ubuntuソフトウェアセンターの利用

以前のUbuntuで採用されていた「Ubuntuソフトウェアセンター」では、アプリだけでなく様々なパッケージのインストールを行うことができます。

「Ubuntuソフトウェア」では検索にヒットしなかった「gedit-plugins」でも、「Ubuntuソフトウェアセンター」から検索すれば該当するパッケージがヒットし、「gedit-plugins」をインストールできます。


公式リポジトリーにある

「Ubuntuソフトウェアセンター」は「Ubuntu 16.04」の公式リポジトリーに存在しており、別途「Ubuntuソフトウェアセンター」をインストールして利用することも可能です。

Snappyには対応しない

「Ubuntuソフトウェアセンター」は、「snap」パッケージのインストールに対応していません。

現状snapパッケージの品揃えは、デスクトップユーザーにとって魅力的な品揃えではありませんが、今後有料アプリなど個人を含むサードパーティーによるアプリの提供が「Snappy」の仕組みにより提供される予定です。

「snap」パッケージのインストールは、「Ubuntuソフトウェア」を利用してください。

Ubuntuソフトウェアセンターのインストール

「Ubuntuソフトウェアセンター」のインストール方法です。

1.Ubuntuソフトウェアセンターのインストール

以下のボタンをクリックして、「software-center」パッケージをインストールします。


「Ubuntuソフトウェア」から「Ubuntuソフトウェアセンター」をインストールすることも可能です。


2.Apt Xapianインデックスの更新

「Ubuntuソフトウェアセンター」のインストールが完了したら、「端末」から以下のコマンドを実行し、「Apt Xapianインデックス」を更新します。

sudo update-apt-xapian-index -f

「Apt Xapianインデックス」の更新は、毎週自動的にバックグラウンドで更新されますが、インストール直後に一度「Apt Xapianインデックス」を更新しておくと良いでしょう。

3.Ubuntuソフトウェアセンターの起動

「Dashホーム」から「Ubuntuソフトウェアセンター」を以下のように検索し、「Ubuntuソフトウェアセンター」をクリックします。


以下のように、「Ubuntuソフトウェアセンター」が起動します。


Ubuntuソフトウェアの起動が早い理由

「Ubuntuソフトウェア」を利用したことがある人は分かると思いますが、「Ubuntuソフトウェア」は「Ubuntuソフトウェアセンター」と比べ物にならないくらい非常に素早く起動します。

これはユーザーがログインした時に「Ubuntuソフトウェア」が起動し、バックグラウンドで常駐するためです。


また「Ubuntuソフトウェア」を終了しても、画面を非表示にするだけで「Ubuntuソフトウェア」は常駐したままになります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション