kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu Desktopの未来とUnity 8への移行計画

2016/5/5に行われた「Ubuntu Online Summit」にて、Ubuntu Desktopの未来とUnity8への移行計画が発表されました。



Ubuntu Desktopの未来

「Ubuntu Desktop」の未来は、「Mir + Unity 8 + Snappy(snap/snaps)」の導入です。次世代の「Ubuntu Desktop」と言ったところでしょうか。
現状の「Ubuntu Desktop」は、「Xサーバー + Unity 7 + Snappy/Deb」です。


Snappy

このうち「Snappy」は、すでに「Ubuntu 16.04」にて仕組みが導入されています。
そして「Snappy」は、仕組みの導入から仕組みの定着へと発展させていきます。

メジャーなアプリはSnappyへ移行

FirefoxやLibreOfficeのようなメジャーなアプリが、「Snappy」で提供される日が来ます。

debパッケージからsnapパッケージへ移行するための作業が行われており、snapパッケージがデフォルトでインストールされるようになります。

ユーザーに影響が出ないように

例えば、今後UbuntuでSnappy版の「Firefox」しか提供されなくなったとします。
ユーザーが従来のdeb版「Firefox」からSnappy版へ移行(アップグレード)する時は、ユーザーの環境を壊さず移行できようにするとのことです。

Ubuntu Store

開発者は、「Ubuntuソフトウェア」を通じて有料/無料アプリをユーザーに販売・配布できるようになります。
オープンソースでもプロプライエタリーでも構いません。
ベンダーは商用アプリを販売できるようになります。

「Windows Store」や「Google Play」みたいなサービスですね。

オフラインアップデート

オフラインアップデートとは、パッケージのアップデートをUbuntuの起動時に行う仕組みです。
Windowsにもある機能ですね。(Windows更新プログラムの構成中・・・)

この機能は、ユーザーが更新されたソフトウェアを確実に使用できるようにすることと、アップデート時にエラーが発生した時に復帰できるようにすることが目的とのことです。

ただこの仕組みは「Ubuntu」側で実装する仕組みではなく、「GNOME」側で実装する仕組みです。
なので「Ubuntu」としてはいつ採用するのか、問題なく導入できるのか、修正が必要なのか、といった内容の話なのかも知れません。

Unity 8

「Unity 8」は現在使用している「Unity 7」の次の世代のデスクトップ環境です。



Unity 8に注力

Unity 8に注力し、Unity 7はOEMなど特定の分野に絞って必要な作業のみを行うようになります。
アプリケーションが使用するフレームワークであるGTK+など、アプリ(GUI)を支えるライブラリー群が「Mir」に対応します。

Mirとは

「Mir」とは、次世代のディスプレイサーバーです。
「Mir」はCanonical及びUbuntu主導で開発されているディスプレイサーバーで、現在のXサーバーを置き換えるソフトウェアです。

GPUドライバーも対応が必要

GPUドライバーも「Mir」に対応する必要があります。

オープンソースのGPUドライバーはともかく、プロプライエタリーのGPUドライバーの対応はメーカー次第であり、現状対応は不十分です。 
プロプライエタリーのGPUドライバーは、メーカーが「Mir」に対応してくれなければ「Mir」で使用することができません。

Unity 8への移行計画

Unity 8への移行計画です。


Ubuntu 16.10でUnity 8をインストール

「Ubuntu 16.10」で「Unity 8」がデフォルトでインストールされます。
もちろん「Mir」もインストールされます。

ただし「Unity 7」も同時にインストールされ、デフォルトのデスクトップ環境は「Unity 7」になります。

「Ubuntu 16.10」リリース後、どこかのタイミングでデフォルトのデスクトップ環境が「Unity 8」に切り替わります。

スライドを見る限り2017年1月のように見えますが、なんとも言えません。
またどのように切り替わるのかも不明です。
急にデスクトップ環境が変わると大混乱が起きそうですし、どのようにユーザーにアナウンスするのか、どのように切り替えるのかはこれからです。

その他の作業

スライドでその他の作業も紹介されています。


あくまで計画

上記はあくまでも計画です。
「Ubuntu 16.10」のリリースは現在の予定ですと2016年10月20日ですし、まだ先の話です。
いつどこでなにが実現されるのか、「Ubuntu 16.10」でなにが盛り込まれるのかは、今後明らかになっていくでしょう。

参考




関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション