kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

OpenGLベンチマークに対する指摘

以前紹介した「デスクトップ環境間のIntel GPUベンチマーク」のベンチマーク結果に対し、「Ubuntu MATE」からベンチマークに対する指摘が行われています。



デスクトップ環境間のIntel GPUベンチマーク」では、各デスクトップ環境でベンチマークを走らせ、パフォーマンスの比較を行っています。
この時各デスクトップ環境の設定は、デフォルトの設定でベンチマークを実行しています。

デフォルトのウィンドウマネージャーはソフトウェアコンポジター

「Ubuntu MATE」のデフォルトのウィンドウマネージャーはソフトウェアコンポジターで動作している「Macro」です。

デスクトップ環境間のIntel GPUベンチマーク」では、ソフトウェアコンポジターで動作している「Macro」でベンチマークを実行しているということになります。

「Macro」でフルスクリーンウィンドウをリダイレクトしないようにするには、いくつかのロジック(修正)が必要だとのことです。

ゲームやるならComptonやCompizがおすすめ

「Ubuntu MATE」でゲームをプレイするには、「Compton」や「Compiz」がおすすめです。
いずれも「Ubuntu MATE」から簡単に利用できるようになっています。
以下は、「Ubuntu MATE 16.04」の各ウィンドウマネージャーでベンチマークをとった結果です。


「Compton」と「Compiz」を比較すると、わずかに「Compton」の方がパフォーマンスがよく、まず「Compton」でゲームを起動してみると良いでしょう。

SteamOSとの性能差もわずか

同じハードウェアで「SteamOS」でのベンチマーク結果と「Ubuntu MATE」のベンチマーク結果を比較したところ、「Compton」の平均FPS値は「SteamOS」より2FPS低いだけ、とのことです。

「SteamOS」がゲーム向けに提供されるOSであることを考えると、「Ubuntu MATE」は十分なパフォーマンスを持っていると言ってよいでしょう。

ウィンドウマネージャーを切り替えるには

「Ubuntu MATE」のウィンドウマネージャーを切り替える方法です。

1.ウィンドウマネージャー設定画面の表示

「MATE Tweak」を起動し、左側のリストから「ウィンドウ」をクリックします。


2.ウィンドウマネージャーの変更

「ウィンドウマネージャー」で「Macro (Compton GPU コンポジット)」を選択すれば、「Compton」で動作するようになります。


「ウィンドウマネージャー」で「Compiz」を選択すれば、「Compiz」で動作するようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション