kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

パッケージアップデート時、udev関連のエラーが大量に出力されるときは

「apt upgrade」や「apt-get upgrade」を実行してパッケージアップデートすると、「udev」に依存したパッケージの更新時に「udev」関連のエラーが大量に出力されます。

これは「WSL」が未実装である「udev」の機能を利用しようとするためです。

問題の回避策

「Build 14342」ではデフォルトでこの問題に対応しており、初めてWSL環境を構築した時(初めてbashを実行した時)に、この問題の回避策が自動的に盛り込まれます。

しかし以前のビルドからWSL環境を使用している人は、この問題の回避策が盛り込まれないため、自分で対応する必要があります。

ここではその対応方法を紹介します。

1.policy-rc.dファイルの確認

以下のコマンドを実行して、「policy-rc.d」ファイルの中身を確認します。

cat /usr/sbin/policy-rc.d


上記のように表示されれば、回避策は対応済みです。
もし上記のように表示されなければ、回避策が盛り込まれていません。

2.policy-rc.dファイルの作成

以下のコマンドを実行して、「policy-rc.d」ファイルを作成します。

sudo nano /usr/sbin/policy-rc.d

3.policy-rc.dファイルの編集

「nano」が起動するので、以下の内容を記述します。

#!/bin/sh
exit 101


編集したらファイルを保存します。

4.実行権限の付与

以下のコマンドを実行して、「policy-rc.d」ファイルに実行権限を付けます。

sudo chmod +x /usr/sbin/policy-rc.d


5.ファイルの退避

以下のコマンドを実行して、「policy-rc.d」ファイルを退避します。

sudo dpkg-divert --local --rename --add /sbin/initctl


6.シンボリックリンクの作成

以下のコマンドを実行して、シンボリックリンクを作成します。

sudo ln -s /bin/true /sbin/initctl


以上で作業は完了です。

7.パッケージのアップデート

後はパッケージのアップデートを実行し、「udev」関連のエラーが解消されているか確認してください。

sudo apt upgrade



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション