kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

MATE 1.16リリース

2016年9月21日に「MATE 1.16」がリリースされました。



「MATE」は「Ubuntu MATE」で採用されているデスクトップ環境です。


「MATE 1.16」は将来的に「Ubuntu MATE」で採用されることになります。

1.GTK3+との互換性改善

「MATE 1.16」のリリースは、GTK+3との互換性改善に焦点をあてたリリースです。
様々なコンポーネントを新しいライブラリーへと移行させ、様々な不具合の修正やコードの精査が行われています。

MATEデスクトップ全体でGTK+3サポートの改善が行われ、アプリやテーマがGTK+3.22をサポートするようになりました。

また以下のアプリでは、GTK+3でのみビルドが行われています。

  • Engrampa
  • MATE Notification Daemon
  • MATE PolKit
  • MATE Session Manager
  • MATE Terminal

2.libmate-desktopへの依存脱却

以下のアプリは、「libmate-desktop」に依存しなくなりました。

  • Engrampa
  • MATE Applets
  • MATE Netbook
  • MATE Power Manager
  • MATE Terminal
  • Pluma

GApplcationへの移植開始

以下のアプリは、「GApplcation」への移植作業が行われています。

  • Engrampa
  • MATE Applets
  • MATE Netbook
  • MATE User Share


関連記事一覧
オプション