kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

最終βで見るUbuntu 16.10の変更点

先ほど紹介した通り、「Ubuntu 16.10 最終β」がリリースされました。
Ubuntu 16.10 最終β」のリリースノートから変更点をピックアップします。


デフォルトの壁紙はオレンジ色の領域が広くなり、全体的に明るくなりました。
Dashのデザインは特別変わったところはありません。


1.Linux kernel 4.8

Linux kernel 4.8」が採用されています。


2.gnupg2の採用

今までは「gnupg」が採用されていましたが、「Ubuntu 16.10」では「gnupg2」が採用されます。


3.LibreOffice 5.2の採用

LibreOffice 5.2.1.2」が採用されています。
 またデフォルトで「GTK+3」を利用した実装が使用されます。


4.ソフトウェアの更新がPPAのchangelog表示に対応

今まで「ソフトウェアの更新」はPPAのchangelogの表示には対応していませんでしたが、「Ubuntu 16.10」ではPPAのchangelogも表示されるようになります。


5.多くのGNOMEアプリが3.22にアップデート

多くのGNOMEアプリが3.22にアップデートされました。
「Nautilus」等一部のアプリは、3.20のGNOMEアプリを採用しています。

6.Nautilus 3.20の採用

Nautilus 3.20」を採用しています。


7.ユーザーセッションがsystemdへ移行

今までユーザーセッションに「upstart」を採用していましたが、「Ubuntu 16.10」では「systemd」を採用しています。



既知の問題

現在明らかになっている問題です。

1.ThinkPadやQEMUの仮想マシンでUbuntuが起動しない

UEFIが有効になっているThinkPadやQEMUの仮想マシンで、ライブメディアからUbuntuが起動できません。
正式リリースでこの問題が解決される予定です。


2.多くのGTK+テーマが壊れる

「GTK+ 3.20」にてGTK+テーマの仕様が一部変更になり、多くの人気のあるテーマが正常に動作しなくなります。
(レイアウトの崩れなど表示に問題が出る)

テーマの開発者がこの仕様変更に追従し、テーマを修正する必要があります。

3.オンラインアカウントからアカウントの登録が行えない

オンラインアカウントからアカウントの登録が行えません。



日本語環境

日本語環境がどうなっているのか見てみます。
「Ubuntu 16.10」インストール時に言語選択画面で「日本語」を選択し、「Ubuntu 16.10」をインストールしました。

デフォルトで日本語の入力が可能

特に何も作業することなく、日本語の入力が可能です。


入力メソッドの設定

「Fcitx」の「入力メソッドの設定」を見てみると、「Mozc」が登録されています。


「キーボード - 英語」は削除しておくと良いでしょう。


関連記事一覧
オプション